シガーソケット故障でヒューズ交換修理 ~ハイエース200系ヒューズ配置図も~

投稿日:2016年12月9日 更新日:

スポンサードリンク

先日、電動工具を使うため、車のシガーライターソケットからカーインバーター経由でジグソーを使っていたら、突然給電がストップ。

インバーター経由の100Vが車内でカメラ充電やパソコン充電で大活躍だっただけに、故障でかなり焦ったが、簡単なヒューズ交換作業だけで復旧することができた。

今回はシガライター以外のヒューズ系トラブルのため、ヒューズ配置図も載せておく。

 

 

シガーライターソケットの故障原因

完全なオーバーアンペア

ガレージを持たぬ48Rにとって、車のDIYで電動工具を使うのは結構ハードルが高い。

マンションの地下駐車場の共用コンセントからコードリールを使う手段もあるのだが、共用電気で個人的な作業をするのは非常識。となると、電源がない!

ハイエースには100Vコンセントがついているものの、消費電力が大きな工具は動かない。

ならば自家発電!

というわけで、カーインバーターを使って電源確保、最初は快調にジグソーが動いていたのだが、作業終了寸前ということで、エヴァンゲリオンのバッテリー切れのように急に沈黙した。

ちーん。

ええ、アホです。

すぐにハッとなったんだけど、シガライターの容量を超えた電力を使ってました。。。とほほ。

 

 

 

まずはヒューズを疑え

電気トラブルならまずはヒューズ点検が定石。

一番簡単な、インバーターのヒューズは無事、となると、次は車側だ。

ハイエースのヒューズは次の4か所にある。

ほかの電気系トラブルにも参考になるように、ヒューズ配置図も載せておく。

ヒューズボックスの蓋は爪で止まっているだけなので、全て工具なしで外すことができる。

 

①助手席足元

助手席の足元の前方にある。

ヒューズカバーを外すとこんな感じだ。

img_0992

 

ヒューズカバー内側にヒューズ配置図。ここにスペアヒューズが三つある。

img_0993

 

 

②グローブボックスの裏(助手席足元から上を見るとある)

①のヒューズボックスから上あたり、グローブボックスの裏にある。下向きにあるので、グローブボックスを外す必要はなく、助手席足元からグローブボックス裏側辺りを見上げるとすぐに見つかる(けっこう辛い体勢だが)。

img_0995

上の画像のようなヒューズボックスカバーがあるのですぐにわかると思う。

 

img_1031

カバーを外す。

 

配置図。

img_1003

シガライターソケットの「CIG」があった!

 

③エンジンルーム、バッテリ付近

助手席足元とセンターコンソール付近のカーペットをめくると、ヒンジがあり、その固定を外すと助手席が大きく後ろに倒れてエンジンルームにアクセスできる。

img_1005

 

img_1006_2

エンジンルームご開帳。

③のヒューズボックスは上の画像の赤丸部分、バッテリー前方にある。

 

ヒューズ配置図はこちら。

img_1019

img_1021

ヒューズを脱着する工具もカバーの裏側にある。

 

④エンジンルーム、エンジン前方

エンジンの前辺り、少々見辛いが、少し深い位置にある。

img_1006_1

 

ヒューズ配置図

img_1024

 

 

ハイエースのヒューズは以上の4箇所。

 

 

 

ヒューズの取り出し方

ラジオペンチか、③のヒューズボックスに入っているヒューズ取り出し工具を使う。

img_1021

今回はシガーライターソケットのトラブルなので、②のヒューズボックスから「CIG」を取り出す。

結構硬いので、勢いよくすっぽ抜けないように、注意しよう。

img_1030

 

 

ヒューズの点検、交換

案の定、ヒューズ切れ。

img_1029

左が切れたヒューズ。

車にはたいていスペアヒューズが入っている。

①のヒューズボックスにCIGと同じ15Aのスペアヒューズが入っているので、これで応急処置(画像右のヒューズ)。

スペアヒューズをCIGに挿入して、あとは逆の手順でカバーを戻すだけ。カバーを被せて押せば、自動的にツメでロックされる。

慣れている人ならば、10分程度の作業だ。

 

ちなみに、今回切れたヒューズは低背と呼ばれる形式。

fusebox%ef%bc%91

ヒューズ購入するときは、注意。

 

 

復活しました。

快調!

今回は深く考えずに、むりくり電動工具を使ったのが敗因。

img_1033

150Wのインバータに、450Wのジグソーを使用してました。

ま、どうせフルパワー作業はしないしね、という安易な考え。。アホですアホです(アホすぎて2回言いました)。

img_1034

カーインバーター側のヒューズはシガライターと同じく15A。ヒューズが切れるにしても、インバーター側のヒューズが先に飛ぶように、こちらを15A以下にすべきだった。

いくら車側にヒューズがあるとはいえ、ヒューズが切れるほどの電流を流すと、配線などが心配だ。

 

そもそも、後からインバータの説明書を読むと、「インバーターでコンプレッサーなどのモーター負荷を使う場合、「定格消費電力の10倍を目安にしてください」との文言が。ぜんぜんアカンやん!!

反省します。

 

 

また、スペアヒューズがないのも不安なので、ヒューズはすぐにアマゾンで注文した。めったにヒューズ飛ぶものではないが、スペアがないと心もとない。

 

 

皆さまもシガーライターソケットの電力使い過ぎには注意!

 

他にも「ハイエース」タグで色々と記事書いてます。よろしければ、そちらもどうぞ。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-,

Copyright© 48rider.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.