【収納】ハイエース200系 センターコンソールトレイで快適化 〜コンソール内の小物の整理にオススメ〜

投稿日:2016年11月25日 更新日:

細々としたハイエース200系快適化の小ネタ。

今回はセンターコンソールにハイエース200系専用設計のトレイを取り付けた。

hiace200-newtry02

48R号のセンターコンソールには、ペンやらカードやら、グラサン、予備電池、電源コード、絆創膏、ポイズンリムーバー、虫除け、爪切り、刺抜き、充電器、爪楊枝、etc....と小物がたくさん。

かなりごちゃごちゃしているので、大事な大事な保育園の駐車場のゲートキーリモコンがすぐに取り出せない状態。

やばい!このままではヨメ・ハーンが激おこになりあそばされる!

カミナリが落ちる前に慌てて注文した。

 

 

開封して眺めてみる

注文して翌日に到着。

img_0889

dsc04684

パッケージも何もなくコストダウンが図られているが、肝心の本体もコストダウンが図られていて、非常に安っぽいぺらぺらのプラスチック。粘り気なく、パリッと割れそうな質感だ。

お値段は2480円。

質感を考えると高めの価格設定と言わざるを得ないが、専用設計だから仕方ない。ボルトオンでぴったりと嵌められてストレスフリーに使える価値には変えられない。

 

dsc04683

車体前側には切り抜きがあって、トレイの蓋を閉めてもスマホなどの電源コードを引き出せるようになっている。

 

dsc04682

しかし、肝心のスマホが入らない。

48RはiPhone6Sを使っているのだが、そんなに大きなスマホでもないのにこの状態である。。。

 

dsc04686

切り抜き側の縁はバリがギラリと尖っている。2480円もするのに、仕上げが雑だ。

やわり詰めの甘さといい、雑さといい、割高と断言するのにいささかの躊躇もない。

1500円程度ならば、それほど気にもしないのだが。

 

 

装着してみて

置くだけでぴったり装着。

img_0892

img_0893

蓋もちゃんと閉まって、ロックもかかる。

高いだの、そのわりに質感が低いだのと言ったが、何も考えずにストレスフリーに使えることにはやはり一定の価値はある。

ペラッペラのプラスチックだが、力が加わる場所もないので、特に問題はない。

 

保育園のゲートキーリモコンも取り出しやすくなったので、もさぞ御満足されあそばれることだろう。

 

 

ただ、使っていてちょっと気になった点が一つ。

トレイの深さが浅いので、サングラス程度でも蓋を閉められないし、センターコンソールボックスの深さ自体15cm程度あるので、トレイが浅いと深さ方向のスペースを有効活用できていない。

もう少しトレイに深さがあったり、トレイが重箱2段みたいになっていると、もっとセンターコンソールボックスのスペース効率が上がって良いのだが。

 

 

 

まとめ

ただのプラスチックの皿に2480円と考えると高いが、専用設計でスグに快適に使える利点を考えると、十分にアリな製品。

トレイはやや浅いものの、4つに区切られているので、何も考えずに勝手に小物が整理整頓されてしまう。

もっ、もしや不満に思ったトレイに深さがないのは、モノをあまり置けなくして、整理整頓感を出すためではないのだろうか!!と、キーボード叩きながらハッとなってしまった。

48R号もセンターコンソールトレイのおかげで、見た目は片付いているのだが、トレイの下は相変わらずのカオス。。。

 

 

とりあえず、お片付けできないおっさんでも、トレイ上段だけは整理整頓してる風にしてくれる、実は親切設計ではないのだろうか。

 

 

 

 

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々と記事書いてます。よろしければ、そちらもどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.