自転車

ハイエース300系のウワサまとめ 〜次期ハイエースはどうなる!?〜

投稿日:

次期ハイエースについて、いろいろウワサバナシが溢れてきているので、主なものをまとめてみた。

100系、200系は商用車だけでなく、遊びの車のベースとしても、とても素晴らしい車だった。

次期ハイエースもウワサを調べるにつれて非常にワクテカが高まる48Rです。

 

 

ウワサ①発売時期

2019年発売というのが有力。

以前、日刊自動車新聞(自動車ニュースばかりの業界紙)に2018年発売と記事になっていたが、最終的には一年ほど後倒しになって2019年発売になるようだ。

ハイエース100系は15年、200系も2019年で15年目を迎えるので、フルモデルチェンジとしては良いタイミングだろう。

 

 

ウワサ②セミボンネット化

確実にセミボンネットタイプのボディになる。

現在のハイエースが採用しているキャブオーバー(ボンネットがなく、エンジンが運転席下にある構造)では、衝突安全性がクリアできないからだ。

安全性は上がるものの、今のハイエースは4ナンバー枠ギリギリのボディ設計なので、セミボンネット分、室内長は短くなることになる。

遊びのベースとしてハイエースを選択しているユーザーのほとんどは広大な室内空間に魅力を感じての購入だろうから、魅力半減に感じるユーザーも多いだろう(商用ユーザーは切実に困るだろう)。

ただ、200系ハイエースの欠点であった、エンジンが運転席下にあることでお尻が暑くて汗をかくのは改善されるかと(地味に辛い)。

 

2019年以降は、キャブオーバー形式の200系は中古市場で大人気!というような事態になるかもしれないと48Rは予想している。はたしてそうなるか?!

 

ちなみに現行200系画像。オーソドックスなザ・キャブオーバーボデー。

carlineup_hiacevan_top_2_02_pc

 

 

300系はこんな感じになると言われている。

toyota-proace-verso-00画像はヨーロッパで発売されているプロエース。

意外なハイエースの利点として、前方の見切りの良さがある。

ハイエースは運転しにくいと思われがちだが、運転席が車体前方にあるおかげで前方の見切りがよく、駐車の際ギリギリまで前方は寄れるのだが、セミボンネット化で見切りは悪くなりそうだ。

ま、これも時代の流れ、安全でない車は売ることができないので、やむなしか。

 

 

ウワサ③エンジンはGDクリーンディーゼル

ランクルプラドで採用されてるGDエンジンになると思われる。

popup_450_toyota-1000-1

今のハイエースの1KDディーゼルエンジンは3.0L 最大馬力:143ps/3400rmp最大トルク:30.6kgf・m/1200~3200rpm

ランクルプラドのGDディーゼルエンジンは2.8L最大馬力:177ps/3400rmp最大トルク:45.9kgf・m/1600-2600rpm

設計が新しいだけあって、クリーンな上、圧倒的高出力。

このエンジンが搭載されるとのウワサです(多少燃調マップ変更でデチューンされると思われる)

 

現行エンジンについては、48Rは全て乗ったことがあるので別記事にまとめている。→コチラ

 

 

ウワサ④ハイブリッドはなし

トヨタはディーゼルとハイブリッドを同じ車種でラインナップしないと公言している。

ディーゼルエンジンは燃料効率が良いため、ガソリン+ハイブリッドにしても価格に対して十分な付加価値が見いだせないからだ。

(ヨーロッパのカーメーカーはハイブリッドではなく、クリーンディーゼルに注力している。ディーゼル弱点の排ガス問題がクリアされると、エネルギー効率の高いディーゼル機関は優秀なのだ)

だが、ここはいっその事、ディーゼルエンジン+ハイブリッドというのはどうでしょう?トヨタさん。

カタログ燃費25km/l とかインパクトあると思うよ。

すでにルマンではアウディがそのシステムの有効性を証明しているし(レーシングカーは走る実験室だ)、もたもたしてるとマツダあたりが量産でハイブリッドディーゼルやっちゃうよー

0273

画像はディーゼルターボハイブリッドのAudi R18

 

 

 

ウワサ⑤自動ブレーキ

日産NV350キャラバンに自動ブレーキのオプション設定があるので、トヨタも間違いなく採用するだろう。

ちなみに、NV350の自動ブレーキのオプション価格は91800円。

決して安くはないが、ひとたび衝突事故を起こせば9万以上のお金は軽々と吹っ飛んでいくし、間もなく任意保険にも自動ブレーキ割引が採用されるので(何%割引になるかは自動ブレーキの有効性の検証を待たねばならない。ちなみにエアバッグは10%、ABSは5%が割引相場)、決して高いオプションではない。

願わくば、標準装備となってほしい。

 

 

ウワサ⑥レーダークルーズコントロール

採用の可能性は五分五分といったところ。

ただ、200系ハイエースに後付けクルコンを装着している48Rとしては、是非とも採用して欲しい!

クルコン、超便利なのだが、一定速度型のクルコンだと登りで前車に追いついてしまうのです。。ほら、アクセル制御だけで一定速度走行難しいでしょ。ほとんどの車はクルコン使ってないわけで。。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-7-08-52

レーダー付きクルコンで長距離も楽々ドライブ。

ちなみに、2016/10/1現在の搭載車種は下記の通り。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-7-08-58

 

 

ウワサ⑦ワゴングレードにディーゼルエンジン

GDエンジンになって静寂性が上がると思われるので、もしかして採用なるかも。

お世話になっているディーラーによると、ワゴンのディーゼルエンジンはけっこう要望が多いらしい。現行の1TRエンジンはトルクがなく非力なので、10人乗ると坂登らないから。

 

 

ウワサ⑧スーパーロングにディーゼルエンジン

って、そもそも300系にスパロン設定はあるのでしょうか?

ワゴンと同じくスーパーロングも現行ではガソリンエンジンの設定しかない。

200系1型のみ存在したスーパーロングのディーゼルが、いまだに中古市場で人気なので、300系ではスパロンディーゼルもありえるか。

 

 

 

 

いま現在のウワサ話はざっとこんなところ。

また新着情報あったら更新します。

 

ちなみに、私は300系2型あたりで買い換える予定でございまーす。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自転車
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.