ハイエース200系DIYカーオーディオカスタムまとめ【デッドニングスピーカー交換サブウーファー追加etc】

投稿日:2017年8月20日 更新日:

今までオーディオ関係のDIYをちょくちょくやってきたので、その感想とかかった費用をまとめる。

カーオーディオマニアではないので、ローコストで楽しめる入門機レベルで楽しんでいるが、その価格帯でも純正に比べると大きな変化があって楽しい。

5つの記事を紹介しているが、どれも費用は2万円以下で難しい工作はないので、気軽にできて効果の高いDIYです。

 

 

デッドニング&スピーカー交換

最初にやったカスタム。カーオーディオ基本のデッドニングと、5000円もしない安い社外ユニット(アマゾンでの評判は良い)への交換をした。たいした費用はかけてないが、びっくりするほど音が良くなった。

ハイエース200系 DIYスピーカー交換&デッドニングで音質向上!

ドアのデッド二ング、安価な社外スピーカーユニットに交換で音質激変!気持ちよく鳴るようになって、車内で音楽聞くのがすこぶる楽しく長距離移動が快適に!オススメのカスタムです。

続きを見る

費用15000円(今はデッドング材料値上がりで18000円)

デッドニングはなぜ基本と言われるか分かるだろう。ドアの余計な振動を抑えることで気持ちよくスピーカーが鳴る。

ぜったいやったほうが良い。

 

 

定価2万円クラスのスピーカーTS-J1710Aに交換

上記のデッドンング、スピーカーユニット交換に気をよくして、スピーカーユニットを良いモノに交換。たしかに音は良くなったが、びっくりするほどではなかった(最初のカスタムの感動が大き過ぎたかも)。

【音質改善!】カロッツェリアTS-J1710A取り付け!2万円クラスコアキシャルスピーカーユニットに交換 ハイエース200系DIY

さらなる音質改善すべく、安価な5000円クラスの社外品から2万円クラスのカロッツエリアの2wayコアキシャルユニットに交換。より繊細に鳴るようになって臨場感が増したご機嫌サウンドになりました。

続きを見る

費用15000円

スピーカーの価格が4000円から20000円になっても5倍の音質にはならないよねぇ。

予算が限られるなら、無理して高いユニット入れなくても良いかなと思う。5000円以下の入門機でも、純正スピーカーに比べると月とスッポン。

 

 

リアスピーカー交換

ハイエースの後部座席の音が悪すぎで、スピーカー交換。純正の10cmユニットから社外16cmユニットに交換してかなり良くなった。

ハイエース200系 リアスピーカーユニット&MDFバッフルボードDIY交換 音質改善

リアスピーカーは4型ハイエースの純正オーディオの泣き所。たった10cmの小口径純正スピーカーを16cm口径の社外品に交換して音質改善!リアクォーターの内装は簡単に外せるので簡単作業です。

続きを見る

費用8000円。

内訳はユニット4500円、バッフルはヤフオクで3500円くらいだったが、今はヤフオクで1500円程度のバッフルもあるようです。

後部座席で音楽聴くならオススメです。

でも、運転席の音質にはほとんど影響しないので、必要ない人もいると思います。

 

 

 

パワードサブウーファーの追加

重低音大好きなので、アマゾンベストセラーのカロッツェリアTS-WX120Aをバッ直で取り付け。

低音域の再生能力と量が圧倒的に向上。

ハイエース200系バッ直でサブウーファーDIY取り付け TS-WX120A

ハイエースの音楽環境をグレードアップすべく、サブウーファーを取り付けた。 1万2千円程度の価格ながら、サブウーファー追加してドアスピーカーとの3wayシステムを構築。ご機嫌な重低音サウンドが車内に鳴り ...

続きを見る

費用12500円

パワードサブウーファー導入と同時に、ドアスピーカーの低音カットして3way化も実施。

重低音能力と音質向上もできて、とても満足度の高いカスタムです。

 

 

 

外部アンプの取り付け

ここまできたら、ナビ内蔵アンプではなく、外部アンプで鳴らしたい。

外部アンプの入門機、カロッツェリアのGM-D1400Ⅱを導入して、クリアで気持ちよく鳴るようになった。

外部アンプで音は良くなる?アマゾン1位のGM-D1400Ⅱ取り付け 〜ハイエース200系カーオディオカスタム〜

今回はハイエースに外部アンプとしてバッ直でカロッツェリアのGM-D1400Ⅱを取り付けた。 オーディオカスタムも初心者教本ヨロシク、順番にデッドニング、フロントスピーカー交換、リアスピーカー交換、サブ ...

続きを見る

費用14000円

音質は向上したが、ちょっと期待しすぎたのか、あまり変化しろとしては大きくない。

入門レベルの機材だと、音質はスピーカーによるところのほうが、大きいと思う(高級アンプなら素晴らしく鳴るのかもしれないが)。

 

 

 

 

まとめ

カスタム費用はしめて64500円。

入門レベル程度の機材で一通りオーディオカスタムに手を入れてみたので、費用対効果の順位を発表!

1位デッドニング+安い社外ユニット取り付け

1位パワードサブウーファー取り付け

3位定価2万円クラススピーカーユニット交換

4位外部アンプ取り付け

5位リアスピーカー交換。

このブログを参考にカスタムする際も、この順番で良いかと思う。

特に同率一位の2つは、鳴らした瞬間に分かるくらい音が変化するし、感動も大きい。

嫁ちゃんにはいつもオーディオカスタムのことは言わないのだが、ブラインドで変化に気がついたのもこの2つだ。

 

次の計画は、ダッシュボードかAピラーのツイッターか、スピーカーケーブルの交換かな。

実行したら、またブログでレポします。

 

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-

Copyright© 48rider.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.