10分作業でブレーキ/テールランプのLED化 〜ハイエース200系DIYカスタム〜 

投稿日:2017年8月6日 更新日:

なんだか2017年になって、どんどんハイエースのLED化を進める48Riderです。
今回はブレーキ/テールランプをLED化してみた。

テールランプは夜間は常時点灯のため、LED化で消費電力を抑えることができるし、ブレーキランプの点灯もLEDの特性で瞬時に最大光量になるので安全性も向上する。

テールのユニットごとの交換ではないので、見た目の変化は少ないが、むしろ純正テールの見た目が好きなので満足なカスタムでした。

 

購入経緯

LED化がマイブームであるというのは置いといて。

省電力化:LEDの消費電力はハロゲンの1/10

テールランプははスモールランプ点灯以外にも、メインのヘッドライト点灯中もずっと光っているので、点灯時間は長い。

LED化すると消費電力が約1/10になる。

ブレーキ/テールランプの消費電力は21W/5W程度なので、LED化することでオルタネーターの負荷もいくぶん軽減されるし、燃費も体感はできないゴミみたいな量だろうが、15万キロくらい積み重ねるとそれなりの金額かもしれない。

 

4型の純正テールランプが好き

世間にはサードバーティから様々な交換式のLEDテールランプユニットが発売されている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

200系 ハイエース フルLED フルファイバー テールランプ 全6色
価格:12800円(税込、送料無料) (2017/8/6時点)

 

このようなタイプはお手軽にフルLED化できるのだが、48Rの場合は既にバックランプは明るさ重視で高照度ハロゲンバルブに変更しているし、なによりエアロスタビライザーがついた4型テールランプの見た目が好きなのだ。

明るいバックランプを!敢えて非LEDな高効率ハロゲン化 〜ハイエース200系カスタム〜

夜間のバック時の視界を良くしたいので、バックランプを純正の白熱電球から明るさ150%のcatzのバックランプ専用ハロゲン電球に交換した。 結果、以前から気になってたバック時の視界が良くなり大満足!少々 ...

続きを見る

 

LED化で瞬間点灯

白熱球は最大光量に達するまでわずかなタイムラグがあり、後続車がブレーキランプを認識するまで空走距離が生じる。

一方で、LEDは瞬間的に最大光量に達するので、ブレーキを踏んだ瞬間、空走距離なしで後続車にブレーキを伝えることができるのだ。

ま、多少は安全。

本音を言うと、安全性よりむしろただ単にパッと瞬間的に光るのがカッコいいからです。

35秒辺りから、純正球との比較が始まる。自己満だけどパッと光る(笑

 

 

購入したLED

スモールランプでもお世話になったカーLED電球専門店、ピカキュウさんより購入。

7980円とけっこうなお値段でした。

最初は躊躇してピカキュウさんのラインナップでもっと安いモデルを買うつもりだったのだが、純正より暗いとのことで、他にオススメを問い合わせて、レビューも良いことからこのLEDを購入した。

以下、相談のやりとりメール。

48rider様

お問い合わせありがとうございます。
株式会社 ピカキュウでございます。

お問い合わせの商品についてですが、単純に数値上の明るさだけでは純正のほうが上ですが、
スモールとストップの光量差や視認性はLEDのほうがございます。

赤色のレンズに赤色のLEDを装着することになりますので、見た目にもLEDのほうが明るく見えますので、
ご検討の程よろしくお願い致します。

 

48rider様

ご返信ありがとうございます。
株式会社 ピカキュウでございます。

http://www.pika-q.com/shopdetail/000000005251/004/O/page1/recommend/
こちらでしたら、純正との違いもハッキリわかるかと思います。

明るさと配光を高次元で両立したピカキュウのフラッグシップモデルとなります。
多くのお客様にご好評頂いており、みんカラのパーツオブザイヤーで表彰された
実績もございます。

(2) 極 -KIWAMI- シリーズ (T16/T20S/S25S/S25Sピン角)
http://www.pika-q.com/shopdetail/000000007612/004/O/page1/recommend/

優れた配光性能と光量を実現したシリーズとなります。
高品質を維持しながら高コストパフォーマンスな点も人気の理由です。

上記二点でしたらどちらでも純正より十分に明るくなりますので、ご検討の程よろしくお願い致します。

 

というわけで、フラッグシップモデルを選択。

150ルーメンも光量があるし、消費電力も純正21W/5WからLED化で4.3W/0.6Wですよ!

 

 

 

 

 

DIY取り付け

例によってDIY取り付け。タイトル通り、10分作業です。

 

必要工具

バックランプユニットは簡単に外すことができる。

必要工具は以下の通り

・3番プラスドライバー or 10mmソケットレンチ(どちらでも外せるネジ)

・養生テープ

・手袋

電球はなるべく手の油をつけないほうが良いので手袋して作業をしよう。

 

 

手順1:養生テープで傷防止

念のためバックランプを取り外す前に養生しておこう。養生テープなしでも傷をつけずに外すこともできるが、後悔先に立たずなので。

 

手順2:バックランプの固定ボルトを外す

赤丸の2箇所で固定されているので、プラスドライバーか10mmのソケットレンチでネジを取り外す。

 

 

手順3:バックランプを真っ直ぐ後ろに引っ張って、爪を外す。

バックランプ本体はさらに2箇所の爪で車に固定されているので、それを外してやる。
赤丸がバックランプ側の爪で、青丸が車体側の爪の受け。爪の方向に注目。この爪の方向真っ直ぐ引っ張らないと、テールランプが外れない。

参考に爪の拡大写真。

 

ここまで外れたら、テールランプにつながっているカプラーを外せば、テールランプを取り外せる。

 

 

手順4:電球交換

これは入れ替えるだけの簡単作業。
赤丸で囲ったところがテールランプ/ブレーキランプ。

反時計周りに1/4回転すると外せるので、LED球と入れ替えるだけだ。

あとは逆の手順で戻して完成!

 

 

点灯の儀

違いが分かるくらいは明るくなったし、はっきりとした赤味で視認性も良くなった。


ただ、あまりカスタム感がない(笑)。フルLEDテールランプユニットへの交換ではないからねぇ。

ま、純正の見た目が好きなので、これはこれで良し。

 

ドアップ
LED素子が輝いているのがよく分かる。

 

夜間点灯。
この明るさよ。

 

 

まとめ

簡単作業で交換可能だし、瞬間点灯、省電力化など機能的でもある。

お値段7980円はちょっと考える金額だけど、失敗したくないならピカキュウさんはアリだと思います(48RはスモールランプのLEDもピカキュウさんを使用)。

電球交換はお手軽だし、見た目も変わって面白いので、クセになるよね(笑。

 

 

 

ハイエースのライト系カスタムの記事はコチラにまとめてます。

ハイエース200系 ライト系カスタム電球交換方法まとめ!【LED&ハロゲン化】

ハイエース200系のライトについてはいろいろ変更してきたので、まとめ記事を一発。 ライト系のカスタムは、基本バルブ交換のみ。ナビやオーディオ変更などに比べると配線作業などがないので、2ランクくらい簡単 ...

続きを見る

 

他にも「ハイエース」タグで色々書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-

Copyright© 48rider.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.