道具ネタ

【USB充電】モバイルバッテリー兼用LEDランタンが超便利【ハイエース車中泊】

投稿日:2017年11月12日 更新日:

車中泊に活躍しているモバイルバッテリ兼用LEDランタンのご紹介。

USB充電式のLEDランタンなら、目的地までのドライブ中に満充電可能で、灯りとして実用的なのはもちろんのこと、モバイルバッテリーにもなって就寝中のスマホ満充電もできるので、めちゃくちゃ便利です

1つ持っておいて損はなしの車中泊アイテムです。

 

 

開封の儀

アマゾンで安くてレビュー評価も高い「BRISIE LEDランタン」を購入。プライム会員なら送料込みで2000円弱とリーズナブル。 トップのスイッチ長押しで「on/off」

一回押すたびに「明るさ変更」や「点滅モード」などを切り替えられる。

 

iPhone6Sと大きさ比較。わりとコンパクト。

 


充電用の「INPUT」とモバイルバッテリとして使用できる給電用の「OUTPUT」付き。

インプットは「microUSB」でアウトプットは「USB」なので、使い勝手は良い。

 


カラビナフックでぶら下げ可能。

 

マグネットが付きなので、壁面にも取り付け可能だが、磁力が弱い。テストで冷蔵庫に取り付けたが、扉開閉のたびにずり落ちてしまう。もっとバチっとくっついて欲しいところ。

 

光は黄色がかった暖色系。ガスランタン風の色で落ち着きを感じる。

 

その他、防水性もあり。車中泊用途ならあまり関係はないが。

 

 

そして、アマゾンレビューは驚異の4.8点!評価高いです。

製品仕様:
寿命:最大100,000時間
容量:5200mAh
入力:DC 5V/2A(最大)
出力:DC 5V/2A(最大)
消費電力:4W
寸法:径80mm x 60mm
質量(本体のみ):186g

 

 

使用レビュー

明るさ十分

明るさは車中泊では十分。ご飯を食べたり酒を飲んだりの基本的な車内生活は問題ない(下の写真はLED車内灯を併用しているが、LEDランタン単独でも十分)。

さすがに文庫本などを読むには目が疲れるが、着替えや荷物の整理、バックパックのパッキングには必要十分なので、エンジンOFF20分後に室内灯が消えても問題なくなった。

 

ところで、最近の車はバッテリー上がり防止で勝手に室内灯が消えるので、車中泊には都合が悪い。

飯食っているときに強制消灯されるとイラっとくるが、酒飲んで室内灯全灯で寝落ちしてバッテリー上がりも困るので、個人的には迷惑半分ありがたさ半分といったところ。

 

カラビナフックで使い勝手は良い

本体に付属したカラビナフックで室内の色々な部分に吊るせるので、とても便利。

必要なところへLEDランタンを移動できる。

さらにキャンプの時は気軽に外に持ち出して、テーブルの灯やタープに吊るして補助灯がわりに使用している。

しかし、マグネットは弱いので、鉄製のタープポールなどには取り付け不可能。

やはり吊り下げて使うのが基本だ。

余談だが、車中泊するなら室内にパイプラックを作製しておくと、LEDランタン以外にもいろんなものを吊るせるので、非常に便利。

多用途で便利!簡単自作パイプラック&収納棚を取り付け ハイエース200系DIY

ハイエースの使い勝手を大幅に向上させる多用途に使えるパイプラック。ハイエースは広くて荷物をたくさん積めるとはいえ、煩雑に積んではせっかくの広い室内空間が台無し。ラックを設置することで、スペース効率大幅アップ!簡単なDIYで作れます。

続きを見る

 

 

〜2017/11/16更新〜

ブログ読者様から素晴らしいアイデアを頂きました。

天井の内装の内側にマグネットを仕込んでおくと、お互いに磁力で引っ張りあうので、直に天井にくっつけて使えます。

 

 

 

モバイルバッテリーとしても十分

5200mAhのバッテリー内蔵。

自分の使用用途としては、夜2時間灯りとして使用して、その後iPhoneを接続して充電しながら就寝。

朝起きるとiPhoneはしっかりと満充電状態なので、必要十分な性能はもっている。

「LEDランタン兼用モバイルバッテリ」なので、わざわざモバイルバッテリーとランタン2個充電する必要もない。

また、朝までにスマホを満充電にできるのは、電源確保のやっかいな車中泊ライフで非常に助かっている。登山前の車中泊など、朝スマホが満充電されてなかったら、非常に致命的なのだ(さらに、車中泊ではエンジン切った後も酒飲みながらスマホいじってバッテリー消費しがち)。

 

欲を言うと、カメラとスマホを同時充電したいので、アウトプットは2つ欲しかった。

 

 

 

まとめ

2000円弱で十分な明るさとモバイルバッテリー性能。

エンジン切ったまま車の室内灯を使うと、車のバッテリー上がりの原因にもなるので(点灯したまま寝落ちすると悲惨)、LEDランタンは車中泊照明として、是非ともひとつは持ちたいアイテム。

モバイルバッテリ兼用なら、バッテリーと灯りを1つにまとめられて使い勝手も良く、非常にオススメです。

 

 

もっと明るさ、モバイルバッテリーとしての容量が欲しいなら、上位機種もあります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-道具ネタ

Copyright© 48rider.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.