スプリットボード自作

スプリットボード製作④ 位置決め

投稿日:2011年10月22日 更新日:

インサートの位置はテンプレートで決めます。

余談ですが、昨シーズンにDIYキットを注文したとき、karakoramの社長から
「ごめんよ、48R。一週間ほどジョーンズ先生と滑ってて返事が遅れたんだ。
それから、我が家のプリンタが壊れてて、テンプレートを付属できないんだ。
PDFで送るから勘弁してくれよ。これからもkarakoramをよろしくな。」
なんて、いきさつがあったもんで、テンプレートはPDFで持ってます。
大量量産が可能ですw

ちなみに、サイズ100%印刷をするのを忘れて、危うく間違った位置にマークするとこでした。
ふー危ねぇ。。

とりあえず、GYRATORの標準スタンスにセット。
クランプでボードをタイトに合体させて、テンプレート貼っちゃいます。

テンプレート見てもらうとわかると思うんだけど、voileみたいにアングルのセットはないのです。
karakoramのメリットとして、スタンス幅決めたら
アングルは自由に変えられるのですよん。
voileで自作するとスタンス幅とアングル固定になってしまうのよね。

テンプレート貼ったらポンチでマーキングして終了!

デメリットとしては、前後のホール位置が2インチ離れてるので、1インチセットバックしたい場合は
片足でインサート4個追加が必要。
voileならホール位置が1インチしか離れてないので2個なんだけどね。

穴空けはまだ手をつけておりません。
小心者ゆえ、お気に入りの板にいきなりドリルは。。。。。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スプリットボード自作
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.