道具ネタ

Hestra レザーグローブを長持ちさせるお手入れ方法 〜純正レザーオイルとNikwaxの革用撥水WAXメンテナンス〜

投稿日:2013年11月2日 更新日:

レザーグローブには定期的なメンテナンスを

愛用のHestraグローブのお手入れ。

定期的にメンテナンスすることで、革が長持ちしたり、防水性を維持することができる。

特に革製品の寿命はメンテナンス頻度に依存すると言っても過言ではないし、また革製品をメンテナンスして長く使用するこで、革独特の味も出てくるし、その経年変化が、まるで道具が若者から味のある大人に成長するようで、とても道具に愛着がわくようになる。

 

 

 

 

48Rのメンテ方法

昨シーズンから定番の純正オイル(LEATHER BALM)以外にNikwaxの革用撥水WAXを使用してます。昔shimano tripper使ってたときのメンテ用の余りなんだけどね(笑)

お手入れ方法は、手袋を履いて、ヘストラワックスをグローブにとって手を揉むように伸ばして、その後にNikwaxの革用撥水WAXも同じ方法で塗りたくる。

 

Hestraグローブは手に付いた雪が溶けると、すぐに水が染み込むんだけど、撥水しておくとほとんど水を吸収しない!

 

スノーボードでヘストラを使っていると、特に春先のラチェットの開閉ですぐに濡れて凍るのよね。なので、もう革用撥水手放せません。

水が染み込まないので、革もカサカサにならず、ずっと油分を保ってしなやか。オイルだけのメンテより、革が長持ちする気がします。

 

 

ちなみに、ソレルのブーツにもこの撥水ワックス使ってるんだけど、効果抜群!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-道具ネタ
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.