自転車

JAB29.2 スプロケット交換 DeoreからXTへ交換で軽量化

投稿日:2013年11月24日 更新日:

三つの思惑があってBianchi JAB29.2のスプロケをDeoreからXT CS-M771-10(楽天でみる)へ交換した。

JAB29.2はコストパフォーマンスの良いパーツセレクトなんだけど
抜いている所は抜いているのよね。
メインはXT、SLXで組んであるんだけど、所々安いパーツ構成なの。

三つの思惑とは

思惑①
単純に軽量化
JAB29.2のデフォルトで付いていたCS-HG62-10はオール鉄でけっこう重い。重量460g。鉄の塊だ。

たいしてXT CS-M771-10は重さ337g。

さらにホイールについているプラの板も外す。15gの軽量化。

裏側から
Deore。

XTXTのスパイダー部はアルミになってる。

合計138gの軽量化。わーい。

ちなみに、XTRならさらに60gほど軽いけど2万円ちょい。
XTのほうがコスパ良いでしょ。

思惑②
将来のフロントシングル化を考えて。
Altanative racing様からこんなパーツが売られている。
XT or SLXのスプロケなら大きいギア3枚入れ替えてワイドレシオを実現11-42Tになる。XTは11-36Tなんでかなりのワイド化。
これならフロントシングルでも十分カバーできるでしょう。

思惑③
Transition Bankには11-28Tが付いている。下りだけなら問題ないんだけど、ちょっとトレイルバイクっぽく使いたいとき
登りでペダルが回せない。(ええ、脚力ないです!!)

というわけで、JAB29.2についていたDeoreの11-36TをBankに移植予定!これでワイドレシオ化。
Bankは大して急いで登らないので、ワイド化だけで十分!
軽量化は考えてないです。

さらにBankから取り外した11-28Tはヒミツの次期フレームへ。

輪廻転生使い回しで、一切の無駄は生じませんよ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自転車
-, , ,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.