意外と簡単!ハイエース 200系DIYナビ ETC 取り付け ~彩速ナビ購入~

投稿日:2014年9月16日 更新日:

ハイエース用ナビのチョイス

今回のハイエースは、しょぼくて高い値下げサービス前提の前時代的な純正ナビはやめて
高機能な社外ナビをチョイス。

カー用品店に行くとナビの取り付け工賃がなんと25000円
そんなに難しそうな作業とは思えないし、工具はたくさんもってるし、自分でとりつけることにした。
(結果的にほとんど工具は必要なかった)

ところで、最近はiPhoneやiPadのグーグルナビか優秀。
それでもええんちゃう?って思ったりもしたけど、電波がないところだと使えないし
車内AV環境の充実も考えて普通のナビを取り付けることにした。

選んだのは彩速ナビ。
スマホみたいな操作感とか、音質が良いとか言われてるけど
そういう細かいことは抜きで、価格ドットコムの満足度ランキングだけで決めた。

買い物って細かい所に凝りだすと切りがないから、検討に費やす時間て、けっこうもったいない。
カカクの満足度ランキングで、とりあえず外れないものを買うっていうのは、
金額の節約だけでなく、時間の節約って意味でもけっこう有用だと思う。

 

彩速ナビも評判どおり使いやすく満足。

純正ナビに比べて唯一劣ると感じる点は、バックモニターの時にハンドル切っても補助線が動かないことぐらい。

 

ETC選択

ETCは、連動させたければ、彩速ナビの場合、デンソー一択。
が、連動させてナビ画面に表示するだけで、安いETC対比+7000円の出費。

そんなに金かけて連動する必要ないでしょってことで
安物で評判の良い三菱重工 ETC車載器 MOBE-600PBにした。節約節約。連動しないので、ナビから音は出ないけど、実用上困ることは全くない。

 

 

 

ナビのDIY取り付け

初めてのナビ取り付けなんだけど、結論から言うと。超簡単。
こんなんで25000円取るカー用品店はぼったくりでしょ。。。
(自分なら10000円でも請け負うよ)

ハイエースの場合、トヨタ車専用ハーネスを使うことによって、特に迷うことなく楽勝。
車種別専用ハーネスなら、なにも考えずに純正ハーネスに割り込ませるだけ。

取り付け作業ははこんな感じ。
特に難しい作業はない。

必要工具も内装外しとドライバーのみ。

ちなみに、オーディオレスで注文すると、ナビの部分はぽっかりが開いてる(笑)

内装外し工具でバリバリ取り外す。

最初に各種配線を通す。

まずは地デジアンテナ左右のピラーの内装を剥いてワイヤリング。アンテナはマニュアル通りに取り付けなんだけど
マニュアル通りの位置決めが結構大変。

他の作業が楽勝なだけに、ココが一番めんどくさかった(^^;

ピラー内装を剥いたらGPSアンテナも通す。
ダッシュボードに固定。

ハーネスはエアフィルター上に通す。
(写真ではフィルター前にあるけど、実際は邪魔にならないように、フィルター上のフレームの内側を通す)

右側ピラーの内側も地デジアンテナを。ETCアンテナも右ピラーから、ルームミラー近くへ。

コチラ側のワイヤリングは、メーター周りの内装を外して、メーター奥を通す。

各種ワイヤリングが終わったら、いよいよナビの取り付け。
トヨタ車の場合、専用ハーネスで電気工作なしにボルトオン。見た目は複雑だけど、落ち着いて一本一本やれば簡単。

あ、ひとつ難しいことと言えば、ハイエースはナビ奥のスペースが不足気味
ナビ本体を押し込むのにワイヤー逃がしたりちょっと工夫が必要。

ETCはこの位置に固定。
ETCの電源も、ナビからACC電源のハーネスが出ているので、カプラーオン。簡単簡単。

完成!
前のハイエースの純正ナビに比べると、操作感、レスポンスとも段違い。
さらに、iPhoneやiPadとの連動も完璧でお気に入り。

簡単な作業なので、工賃25000円払うより、自分でやって他に25000円使ったほうがお得ですよん。

他にも右下の「ハイエース」タグで色々書いてるので、そちらもどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.