干し物に便利 リアゲートにDIYハンガーパイプ取り付け ハイエース 200系

投稿日:2014年9月27日 更新日:

リアゲートにハンガーパイプは超便利!

これも定番カスタム。
前のハイエースでも同じことやってた。

ハンガーバーがあれば、ウェアやプロテクターやらをかけることができて、なまら便利。
あんまり重いとリアゲートが垂れてくるけど、ウェアなどちょっとしたものを吊るせるので、アウトドアでは重宝する。

製作は例によってDIY。ホームセンターで材料揃えれば、2000円もかからないよ。

とっても簡単!作り方

材料

必要なものはこんな感じ。

パイプ横受けとゴムシート

 
 

ステンレスパイプ 910mm x 25mm、グリップスポンジ

 

トリルビス


ドリルビスは鉄板に直接タッピング無しで打てるので、車になにか取り付けるときに便利なビス。

 

作り方手順

まずは、ゴムシートをパイプ受けの下に入れるためにカットする。

ハイエースのバックドアは微妙に湾曲しているので、ゴムシートで隙間を吸収する。

位置決めして、車にドリルで下穴を開ける。

新車だろうが、気にせずドリルドリル。

あとはパイプにグリップ付けて、ドリルビスで固定。

ちなみに二人でやったほうが、はるかに簡単。
一人が車に仮止めして、もう一人で穴あけ、ビス止めすれば10分くらいで終わるよ。簡単簡単。

 

まとめ

リアゲートにパイプがあると、物干しやリアゲートしめる時のハンドル(4型のリアゲートは重いよー)に超便利。

格安で作れるのであって損はないです。

他にもパイプネタで、パイプラックも便利よん。blog_import_55f19c1d41ba1

他にも「ハイエース」タグで色々書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.