ハイエース200系 DIYスピーカー交換&デッドニングで音質向上!

投稿日:2014年10月22日 更新日:

ハイエースの定番カスタム、貧弱なドアスピーカー交換とペコペコなドアのデッドニングをDIY施工した。

1万円ちょっとの投資で、それほど難しい作業はなく、安価にサウンドを良くすることができたので、けっこう満足なカスタム。

今回は、そのインプレッションとDIY作業手順についてご紹介。

 

音質改善にはユニット交換&デッドニング!

純正品から社外品スピーカー&デッドニングに変えて、大幅に音質が良くなった。

1型から4型新車に乗り換えてすぐに交換&デッドニングにしたのだが、スピーカー交換のこと言ってなかった嫁様が初めて4型ハイエースの音を聞いたとき、「え!今度のハイエース、音ごっつええなぁ!!」って驚いていたほど。

いえいえ、密かに作業してたんですよ。

デッドニングも合わせてやると効果的で、ドアの振動も抑えられて、よりクリアな音になったように感じる。

かなり音質改善して、長距離移動がより快適に楽しくなった。

 

48Rの場合、だいたい長野往復で車を使うので、乗ってる時間は長いし、車の中でいかに快適に過ごすかは重要。

前の200系1型ハイエースも、すごく不満があったわけではないんだけど(車内環境だし、それなりの音質でいいやと割り切ってた)、ハイエース買う前に650万のクラウンマジェスタハイブリッドを代車で借りていて、当たりまえだけど、カーステの音質差は歴然!けっこう衝撃を受けた。

この代車ライフの時は、車の中で大音量で音楽かけるのが本当に楽しくて、音楽聞くために車に乗ってたくらい。一戸建て住まいじゃないから、車の中くらいしか大音量で音楽を楽しめないのだ。

 

というわけで、新たに購入した4型ハイエースでも、少しでも音質が良くなって運転楽しくなればと、スピーカーユニット交換とデッドニングに踏み切ったわけです。

結果、ワンラクンク上の車内サウンドになって満足満足!

 

 

交換ユニットの選択

スピーカーはKENWOOD 17cmカスタムフィット・スピーカー KFC-RS171(今はモデルチェンジしてKFC-RS173)をチョイス。

KFC-RS171はamazonでベストセラー1位。コスパ良いです。

取り付けにはインナーバッフルも必要。ALPINE製を選択した。

その他、デッドニング用にレアルシルトという制振材、定在波防止のディフュージョン(拡散材)も購入した。

必要個数はレアルシルト6枚、ディヒュージョン2枚。

スピーカーユニットはそんなに高いものではないが、元が商用車ハイエースなので、高級品を入れても性能出しきれないかなと、コスパ重視のユニットチョイス。

だけど、まさか数千円でここまで変わるとは、という感じで気持ち良く鳴っている。

アマゾンでコスパに定評あったモデルなんだけど、予想以上に良い仕事してる。

 

デッドニングも一緒にやった効果も含めてだが、とにかくユニット自体から低音が下まで出てるし、純正の共振しまくりで、ボヤけた低音に比べ、ドアの共振を押さえて、締まった音が飛び出すから、ベースがとても気持ち良く聞けるようになった。テクノ、R&B、ヒップホップなど、低音が入った音源の再生回数が赤丸急上昇!

しかも、音量を上げても低音がボワつかないから、ついついボリュームをあげたくなるほど。

ボーカルも自然で通るような声になった。

 

ユニット交換とデッドニングをして大正解

前のハイエースでもやるべきだったなぁと後悔しております(^^;

 

 

取り付けは例によってDIY

取り付けはこんな感じ。難しい作業はないが、左右のドアの施工、制振材の貼り付けなど、けっこう時間はかかる。ま、その作業も楽しいんだけど。

 

作業1.ドアの内装剥がし

ドアの内貼りを剥がしていく。

まずはドアミラーの裏側付近。

内装剥がしを使うと作業が楽チン。

ボディー側にはめ込みパーツが残るので、回収を忘れずに。

 

お次ぎはパワーウィンドウのスイッチ周りをドライバーで外す。

パワーウィンドウの配線は、上の画像のようにコネクターでスイッチに接続されている。なので、コイツを外せばスイッチ廻りがごそっと取り外せる。

 

この後は内装剥がしでバリバリドアの内装を外していく。

上の画像の右下がスピーカーユニット。ドア全体がエンクロージャーになっている。

 

さらに内部にアクセスするため、エンクロージャーの蓋になっている部分も取り外す。

パワーウィンドウの上下動の仕組みも見えて、なかなか興味深い。

 

作業2.スピーカーユニットの取り外し

スピーカーユニットはリベットで固定されているのでリベットをドリルでもんで外す。

このリベットをドリルで破壊するのだが、リベットが回転してちょっと大変。

 

作業3.制振材の貼り付け

ここまで外したら、制振用のレアルシルトを貼付けていく

ちなみに、片側ドアにつき、レアルシルトは原紙サイズ3枚使用。それを細々切って貼り付ける。

貼り位置は、ドアを叩いてゴンゴン響くところを重点的に貼っていく。ドアの振動を抑えるのが目的なので、叩いて響く部分に貼るのが効果的。

制振材を貼付けると、ゴンゴンって音が、ドアの鉄板の振動が制振されて、コツコツという感じになる。

 

ユニット裏には定在波防止のディフュージョンも貼り付け。

 

 

作業4.ユニットの取り付け

Kenwoodのユニットは、アルパインのインナーバッフルでドアに取り付ける。

 

ちなみに、純正ユニットとのマグネットの大きさの差は歴然。

まったく重さが違う!こんな小さなマグネットのユニットからはパワフルな低音は出ないよね。

 

スピーカーケーブルを接続。

ユニット装着。

ドアの内貼りプラスチックも共振しないように、レアルシルトを貼付け。

 

後は逆の手順で元に戻して完成!

やってみると意外と簡単。

時間はかかるけど、焦らずじっくりとね。

 

 

 

 

まとめ

純正ユニットがあまり良くないだけに、社外ユニット+適当なデッドニングでも想像以上の効果あり

とくにデッドニングの効果で、低音がボワつかず、かっちり出るようになったので、低音好きな48Rにとってはとても気持ち良く聞けるようになった。

ついついボリュームも交換前より+3くらいしてしまうご機嫌サウンド。

 

今回のフロントスピーカー交換とデッドニングだけでかけた金額はわずか1.5万円ほど。

これだけの投資で、この改善は本当にコスパが良いし、作業も誰でもDIYでできる範囲。

 

おすすめカスタムですよん。

 

 

さらに貧弱なリアスピーカーも交換すると、後席も音質改善!

ハイエース200系 リアスピーカーユニット&MDFバッフルボードDIY交換 音質改善

リアスピーカーは4型ハイエースの純正オーディオの泣き所。たった10cmの小口径純正スピーカーを16cm口径の社外品に交換して音質改善!リアクォーターの内装は簡単に外せるので簡単作業です。

続きを見る

こちらも合わせてどうぞ。

 

 

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々記事書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-,

Copyright© 48rider.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.