ハイエース200系 DIYスピーカー交換&デッドニングで音質向上!

投稿日:2014年10月22日 更新日:

ハイエースの定番カスタム、貧弱なドアスピーカー交換とペコペコなドアのデッドニングをDIYした。

1万円ちょっとしか投資してないし、それほど難しい作業はないし、安価にサウンドを良くすることができたので、けっこう満足なカスタムだった。

今回は、インプレッションとDIY作業手順についてご紹介。

 

音質改善にはユニット交換&デッドニング

純正品から社外品&デッドニングに変えて、大幅に良くなった。

1型から4型新車に乗り換えて、スピーカー交換のこと言ってなかった嫁様が初めて音を聞いたとき、「え!今度のハイエース、音ごっつええなぁ!!」って驚いていたほど。

いえいえ、密かに交換したんですよ。

デッドニングも合わせてやると効果大。
かなり音質改善して、長距離移動がより快適に楽しくなった。

48Rはだいたい長野往復で車を使うから、乗ってる時間長いし、車の中でいかに快適に過ごすかは重要。

前の200系1型ハイエースも、すごく不満があったわけではないんだけど(車内環境だし、それなりの音質で割り切ってた)、ハイエース買う前に650万のクラウンマジェスタハイブリッドを代車で借りていて、当たりまえだけど、カーステの音質差は歴然

この時は車の中で大音量で音楽かけるのが本当に楽しくて音楽聞くために車に乗りたいくらいだった(一戸建てじゃないから、自宅で大音量無理やし)

というわけで、ハイエースでも、少しでも音質が良くなって運転楽しくなればと、スピーカーユニット交換とデッドニングをしてみたわけです。

結果、ワンラクンク上の車内サウンドになって大満足です!

 

 

交換ユニットの選択

スピーカーはKENWOOD 17cmカスタムフィット・スピーカー KFC-RS171(今はモデルチェンジしてKFC-RS173)をチョイス。

KFC-RS171はamazonでベストセラー1位。コスパ良いです。

取り付けにはインナーバッフルも必要。ALPINE製を選択した。

その他、デッドニング用にレアルシルトという制振材、定在波防止のディフュージョン(拡散材)も。

今回はレアルシルト6枚、ディヒュージョン2枚使用。

スピーカーユニットはそんなに高いものではないけど、元が商用車ハイエースなんで高級品を入れても性能出しきれないかなと、コスパ重視のユニットチョイス。

だけど、まさか数千円でここまで変わるとは、という感じ。

アマゾンでコスパに定評あったモデルなんだけど、良い仕事してる。

まあ、デッドニングも一緒にやった効果もありだけどとにかくユニット自体から低音が下まで出てるし、純正の共振しまくりで、ボヤけた低音に比べ、ドアやインパネの共振を押さえて、締まった音が飛び出すから、聞いてて気持ち良い。

低音がボワつかないから、ついついボリュームをあげたくなる。

 

ユニット交換とデッドニングをして大正解。

前のハイエースでもやるべきだったなぁと後悔しております(^^;

 

 

取り付けは例によってDIY

取り付けはこんな感じ。
難しい作業はないけど、けっこう時間はかかる。
ドアの内貼りを剥がしていく。

まずはドアミラー付近。
内装剥がしを使って。
ボディー側にはめ込みパーツが残るので、回収を忘れずに。

お次ぎはパワーウィンドウのスイッチ周りをドライバーで外す。この後は内装剥がしでバリバリドアの内装を外していく。


スピーカーユニットはリベットで固定されているのでリベットをドリルでもんで外す。ちょっとめんどう。

ここまで外したら、制振用のレアルシルトを貼付けていく。

ちなみに、片側ドアにつき、レアルシルトは3枚使用。
張り方は、ドアを叩いてゴンゴン響くところに貼っていく。

制振材を貼付けると、ゴンゴンって音が、鉄板が制振されてコツコツという感じになる。

Kenwoodのユニットはアルパインのインナーバッフルで取り付ける。

ちなみに、純正ユニットとのマグネットの大きさの差は歴然。まったく重さが違う!
こんな小さなマグネットのユニットからはパワフルな低音は出ないよね。

ユニットの後ろには定在波防止のディフュージョン(拡散材)を貼付け。

ユニット装着。

内貼り内側にもレアルシルトを貼付け。

後は逆の手順で元に戻して完成!

やってみると意外と簡単。時間はかかるけど、焦らずじっくりとね。

 

 

 

まとめ

純正ユニットがあまり良くないだけに安いユニット+適当なデッドニングでも十分効果あり

とくにデッドニングの効果で、低音がボワつかず、かっちり出るようになったので、低音効いているのが好きな48Rにとってはとても気持ち良く聞けるようになった。

ついついボリュームも交換前より+3くらいしてしまうご機嫌サウンド。

 

フロントだけでかけた金額はわずか一万円ちょっと。

これだけの投資で、この改善は本当にコスパが良いし、作業も誰でもDIYでできる範囲。

 

おすすめカスタムですよ。

 

さらに貧弱なリアスピーカーも交換すると、後席も音質改善!

 

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々記事書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.