道具ネタ

接着剤でゴーグルスポンジの補修 スノーボードメンテナンス

投稿日:2015年1月10日 更新日:

ゴーグルの寿命って、レンズより周りのスポンジがダメになって終わってしまう。

レンズは替えが効くのに、
フレームはスポンジが交換できずに寿命って、すごくもったいないよね。

48Rのスミスのゴーグルも、3シーズン使用でそろそろスポンジが取れてきて
使えなくなってきているんだけど、捨てるのももったいないので補修に挑戦してみた。

こんな感じでスポンジと顔に接触する部分が分離。

フレームはまだまだ使えるので、スポンジを補修します。

定番のコニシのボンド。(家にあった余りだけど)
その名もウルトラ多用途ボンド
ウルトラ多用途なので、ゴーグルの補修にも使えるに違いない。
(ちなみに、ブーツのソール剥がれにも使えたよ)

けっこうばっちし補修できちゃいました。

smithのPRODGYとI/Oを補修完了。

これであと1シーズンはもって欲しいな〜

(シーズン終わり追記)
十分もちました!
簡単なスポンジの剥がれなら簡単に治せると思うよ。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-道具ネタ
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.