スプリットボード入門

スプリットボード入門② 〜スプリットボードの選び方って〜

投稿日:2015年1月29日 更新日:

今や、様々なメーカーがスプリットボードをリリースしており、その選択肢は多い。今回はスプリットボードを選ぶにあたって気をつけるポイントを記事にしてみた。
____tmp_400x400

スプリットボードの選び方

基本形状は、ソリッドボードと同じように選んでOK。

板は好みもあるので、ここでは特にオススメには触れない。

板の選択は、各人の好みで良いんだけど、注意するポイントはいくつか。

スプリットボードは硬めが多い

ハイクしやすいように、普通のボードより硬め設定の板が多い気がする。
できれば、イベントやレンタルで試乗をお勧めします。けっこうガッチガチで乗りにくいなんてこともあるかも。

柔らかい板はハイク時にしなり過ぎて登りにくい

硬い板は乗りにくいけど、逆に普通のフレックスくらいのスプリットボードはスキーモードの時に板を分割すると、かなりフレックスが柔らかい。

ハイクって板に負担がかかるので、あまり柔らかいとギャップなどで板がしなりすぎて、登りにくい。

 

結局、フレックスについてはスプリットボードはある程度硬いところで妥協することになる場合が多いと思う。

 

海外製のスプリットは作りが雑。

滑走面側に平気でネジの頭が飛び出ていたり、ビンディングやインターフェースの取り付け穴の精度が低かったり、トップのクリップ閉めても隙間があったり。。。

できれば通販より、実物見て確認して買ったほうが良い。 

手直し、面倒です。サンヒルやバンヤクラフトでも手直しやってもらえまが、やっぱ手間よね。。

 

ノーズが長い板は注意

ノーズが重いと先重りで、歩くときにノーズが下がって歩きにくい。
だいたい、トゥ側のインターフェースの当たりに重心があればOK。セットバックの多い板は上図のバランスになってないものもある。

ロッカーの板のほうがラッセル楽

トップが自然と雪面から出るので、深雪では意外と疲労に差がある。

48Rはほぼ同じ長さの三機種を所有してる。
 
Jones snowboard Solution 161
K2 Gyrator Split 162
Rossignol experience Split 163

一番反りあがってるGyratorが、一番ラッセルが楽。

 
かの山スキー界のレジェンドYSHR先生も、自身のHPでラッセル時のロッカーの優位性について書いてるよ。
 
逆にフルキャンバー板はトップが浮いてこず、ラッセルしんどい。

ちなみに、上記三機種、画像の左からフラットキャンバー、リバースキャンバー、キャンバーロッカーだけど
シール登行時にロッカー形状によるグリップに差は感じない。
個人的にシール登行のグリップは、足元の板の幅とシールの幅で決まると思ってる。
(太いウェスト幅の板に、シールを幅いっぱい貼ったほうがグリップ良い)
 

 

欲しいスプリットボードがないなら、自作という選択肢も

欲しいスプリットがない、こんなスプリットが欲しい、
俺はこのソリッドボードが気に入ってるんだ!この板でスプリットがしたい!

など、欲しいスプリットがないなら、板、割っちゃいましょう

マイスプリットボードは、ただ割って防水処理したインエッジもないような板だけど
5シーズンまったく問題なしでございます!

rossignolのexperience163を真っ二つ!
K2 Gyrator 162も真っ二つ!!

スプリット化は白馬のバンヤクラフト様で加工することができる。
インエッジなしなら29500円。買うより断然安い。

既製品が増えたけど、オーダースプリットの注文って、案外減ってないんだって。

48Rは自分でスプリット作ったけど、工作に馴れてる人なら簡単、日曜大工レベル。

自分の場合は1/2カットのみバンヤ様にお願いしてます。カットのみなら工賃2500円
(自作については、過去に記事書いてる。)

自作の参考動画。

こんな感じ。

けっこう大雑把に作業しても問題なし。
スプリットボードのパーツの精度も良くないから、自作の精度の誤差なんて、パーツの調整でなんとでもなる。

お気に入りの板を割って山に入るのもスプリットボードの楽しみ!

 

 

まとめ

たまにブログで板のこと聞かれるけど、板はほんとに好み。

ソリッドボードでさえ、人の好みは千差万別なのに、いわんやスプリットボードをや。

まして、いろいろポイントを書いたけど、結局は完璧なスプリットなどなく、なりかしら滑りやらハイクやらを犠牲にしている。要は何に重点をおくか(滑りか、登りか)、それを理解して許容して楽しむかが重要だと思います。(滑るだけのソリッドボードに比べ、多機能なスプリットボードに完璧を求めるのは難しい)

 

では、良いスプリットボードライフを(バチっとした結論なくてごめんね)。

他にもスプリットボード入門記事書いてます。

楽天でスプリットボードを見る

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スプリットボード入門
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.