自転車

ハイエース200系 自転車の簡単固定積載方法 ~純正仕切り棒を利用~

投稿日:2015年10月20日 更新日:

最近はヒッチキャリアばかりなんだけど、

以前チャリを荷室に積んでた頃の積載方法のご紹介。

 

荷室に積む

ハイエースの荷室は広大なんだけど、床にポン積みだと場所とるし、

壁に立てかけても安定しないので、48Rの場合は下のように固定している。

 

ハイエースバンオーナーならご存知、車検の時しか使わない、謎の仕切り棒。

sim

仕切り棒に、バックカントリーなどでスキー板や道具を固定するストラップで、ハンドルを固定で終了。

IMG_2008IMG_2010IMG_200530秒で固定完了。簡単簡単。

これで自転車は超安定するし、車がはねても棒が外れることもないし、壁や自転車も傷つかない。

ツイッターでフォロワー様に教えて頂きました。ナイスアイデア。

 

もちろん、スキーストラップではなくて、ホームセンターで売ってるマジックテープ的な固定バンドでもOK。

48Rの場合は、一番身近な固定バンドがスキーストラップだったので。

 

余談

最近教えてもらったハイエースの仕切り棒の豆知識。

 

この棒って、普通は全く利用しないし、必要性もわからない謎のパーツ。

とはいえ、コレがないと車検が通らない非常にメンドクサイ存在なのよね。

 

車検のためにずっと保管が必要で、間違って廃棄しようものなら

ヤフオクで中古相場で5000~10000円もします。

 

が、実は車検は、「棒がついていれば何でも良い」ので、

ホームセンターの突っ張り棒で車検通ります。(ググればけっこう体験談あり)

 

ますます、この棒の意味がわからないが、自転車固定で仕切り棒を使わないなら

むしろヤフオクで売却して(平均8000円くらい)お小遣いゲット。

車検はつっぱり棒で対応、ってのもありやね。

 

 

他にも「ハイエース」タグでいろいろ書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自転車,
-,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.