レース 自転車

2015/9/12 DHレース CJ1 ウィングヒルズ チャレンジB 〜前日練習〜

投稿日:

シリーズ戦の為、今回は白鳥ウィングヒルズまで遠征。

 

東京からは果てしなく遠く、片道420kmの道のり。。。IMG_5853

それも、一人運転なので、疲労や交通費やらがつらいんだけど

レーサー(のはしくれ)なので仕方ない。

 

 

こんな苦労しても、来年昇格したいので、ポイントを失うわけには行きません。

(これを書いている時点では、最終戦を娘の運動会のため欠場したので、昇格なりませんでした。

 6戦中、3戦欠場で上がれるほど、自分は速くない。ブログ書いてて、涙が止・ま・ら・な・い)

 

 

というわけで、前日の土曜日からヒルズ入り。

 

公式練習から走り込みます。IMG_5534

IMG_5536

 

って、コースがテクニカル&ハード!

 

レース一年生だし、初めてのコースだしで、苦戦しまくりでまともにノーミスでまとめられない。

 

公式練習終了まで、ほとんど休憩なく走りこんだり人のラインを見学したけど、

攻略不足、ミスなくコース全体を通せないまま練習終了となった。IMG_5540

こけまくり。

 

こりゃやばい。。

初めてのコースでのレース攻略がこんなに大変とは。

 

いままで、初めてふじてんや岩岳や47を走ったときは初めてのコースの難しさを感じなかったけど

初めてのコースでレースをするとなると、遊びで走るのと全くの別物と感じた。

 

「限られた時間」で「初めてのコース」で「自分の走りをまとめ上げる」難しさ。

自分はこの限定条件の厳しさを、すっかり舐めていた。

 

聞けば、まわりのレーサーはコースの経験があろうが、事前に遠征練習したり、

金曜日に現地入りしてコースウォークをしたりと。

 

 

うむ、ワタクシ、レース舐めてた。勉強になりました!

 

 

ところで、ヒルズのレースコースはなかなか面白い。

全体的にスピードが乗る区間が多く、超バンピーでライダーやマシンにハード!

激下りや、つるつる木の根区間、ダートジャンプ区間、草のオフキャンバーコーナーと、テクニカル要素も満載。

あらゆる要素が詰まっており、富士見と違ってライダー総合力が試される感じだ。IMG_5539 IMG_5535

 

ここで強いと、どこ行っても戦えそう。

 

こりゃ、来年の夏は合宿決定するしかない。

 

 

 

さ、夜は気を取り直して気分転換。

マッキー氏と温泉行って、アホほど中華食べて、寝落ち寸前まで宴会宴会。

 

 

気合十分である。

 

 

セッティングメモ
タイヤ 
前:マジックマリー(チューブレス) 後:マジックマリー(チューブド) 
空気圧 前1.6 後1,8

フォーク:2014 Float 40 Factory ネガティブスプリングソフト
エアボリューム最大の一個手前
エア圧58psi
リバウンド 5戻し
ハイスピードコンプ 2戻し
ロースピードコンプ 4戻し

リアサス:2013 FOX DHX RC4
スプリング 300 プリ1.5mm
リバウンド 5戻し
ハイスピードコンプ 6戻し
ロースピードコンプ 3戻し
ボトムアウト 150psi 半回転

 

コース攻略に必死でサスセットはいじれず。

富士見とは違いリム打ちの気配がないので、空気圧はちょい下げ。リム打ちはなし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-レース, 自転車
-, ,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.