道具ネタ

元祖48パンツ 〜Mountain Hard Wear Pino Fleece 3/4 inner Pant 七分丈フリースパンツ〜

投稿日:2016年1月27日 更新日:

以前、中綿七分丈パンツの記事を書いたところ、Twitterでは48パンツと呼ばれるようになったけど、実は3年前から履いていたフリースパンツが48パンツと呼ばれてたのでございます。

こちらも使い勝手がよろしいですよ。

 

Mountain Hard Wear Pino Fleece 3/4 inner Pant

IMG_6437 IMG_6440

MHWのPino Fleece 3/4 inner Pant。

 

3年前かな?Twitterで呟いたり、よく履いていらたいつの間にやらまわりに48パンツと呼ばれるように(笑)

 

言い出しっぺは海苔さん??

最初に奥様が導入されて、今シーズンは海苔さんもお買い上げ。

ご夫婦で48パンツを愛用して頂いてありがとうございます!(ワタクシメのプライベートブランドではありませんが)

 

あ、サイズですが、身長175cm、60kgの私でMサイズです。インナー専用なら、Sでも良かったかな。

白馬なら、ラッピーで試着して買えるよ。

 

七分丈パンツはトリップに欠かせない

Teton Bros. Hoback Prima knee pantsでも書いたんだけど、七分丈パンツはスノーボードのインナーや街の行動着に最適。

ブーツと干渉しない丈の長さなので、タイツとアウターパンツとの中間着として、防寒対策に大活躍。

リラックスできる履き心地なので、アフターパンツを脱ぎ捨てれば行動着、寝間着となんでもござれ。

ずっと履いてられるよ。

 

素材はグリッドフリース。

IMG_6439

フリースジャケットやバラクラバでもグリッドフリースを愛用しているんだけど、保温性高いのに汗抜けが良いから使用レンジが広いのよね。

あ、上の画像の黒い生地の部分はフリースが2重になっているのがこのモデルの特徴。

冷えるお尻や、膝ついた時に寒さを感じなくなっている。考えてあるね。

ポケットたくさんついているし、社会の窓も付いているので、行動着としても使い勝手が良いです。

 

フリース七分丈と中綿七分丈パンツとの使い分け

自分のラインナップはMHW Pino Fleece 3/4 inner PantとTeton Bros. Hoback Prima knee Pants。

DSC03587

MHWのほうが暖かいけど200gくらい重い。

なので、寒い日のゲレンデはMHW。

ちょっと寒い日や、ゲレンデ滑ってからバックカントリーの可能性があるときはTeton Bros.みたいな感じで使い分けている。

うまく使い分けできているし、やっぱ二着持ってるほうが洗い替えにもなるのでなにかと便利かな。

 

 

IMG_6433

リラックスパンツ。

白馬でも東京でも、ずっと履いてます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-道具ネタ
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.