道具ネタ

TJ Brand インプレッションまとめ 〜Napoleon Fish、Shift、Driftパウダーボード比較〜

投稿日:

久しぶりに雪山ネタでございます。

 

気が付けば特にTJファンというわけでもないのに(天神平には年一度しか行かないし、モチロンTJクルーとコネクションもない)TJの板は3台目というワタクシメ。

なぜ毎回TJを買うのかというのを考えてみると、ただ単に見た目がかっこいい(と思っている)のと、アンチ巨人的な性格で周りと被るゲンテンは避けたい、それでもそこそこ評価がしっかりした安牌を掴みたい。そんな要求をソコソコまんべんなく満たそうとすると、ちょうど良いのがTJ Brandだったりするわけなのです。

 

TJ Brandは作り手のコダワリを具現化した個性派ボードが多いのだが、今回はそんな想いを汲んだウンチクは語らず、自分の感想メモとしてざっくりインプレッションを書いてみる。

img_3068

 

 

 

DRIFT(3Dソール)はマジックカーペット

48RのファーストTJ。

img_3930

img_3918

ヨメ・ハーンと吉祥寺にお出かけした際、なにげに寄ったスノボショップで衝動買い。

TJシリーズの特徴である、木目カラーと独特なシェイプに一目惚れ。3Dソールにも乗ってみたかったし。

フレックスは柔らかい。

パウダーでの乗り味は魔法の絨毯(乗ったことないけど)。

トップとテールに入った3Dソールで、スルスル、ヌメヌメとパウダーのサーフィスを舐めるように飛んでいく。

パウダーでスライドしても減速しにくいので、沢や壁などの地形パウダーで、面に合わせたライディングで浮遊感とパウダーターンのGを感じながら落ちていくのが楽しい。この乗り味は、テールのにも入った3Dソールが効いているのかもしれない。

TJのカタログにはスピード最高!みたいな表記になっているが、幅が広い板でノーズに抵抗を受けてしまうので、それほど速くはない(ヨメ・ハーンが乗るマロロ154に余裕で抜かれたりする)。前足を踏みこんで斜面と板の角度を平行に近づけても、それほど改善はせず。

テールに入った3Dソールのおかげ、スイッチパウダーもOK。

板が太いので荒れパウでも走破性は高い。

コーデュロイの圧雪バーンは苦手。エッジグリップが低いし、ターン後半の板の反発も弱い。15年モデル?あたりから板のトーションがアップされているので、そこらへんの欠点を意識したものと思われるが、そもそも板のサイドRも小さいので、それほど圧雪も楽しくないだろうと予想。

硬いバーンも弱い。

 

総じて、メンツルパウダー、ツリーランや大きめの沢地形、ゲレンデパウダーなんかで使いやすい。

 

img0q img1qq

 

 

 

 

Shiftはパウダーを切り裂くスムーズボード

2台目のTJ。

img_3279

Shiftデビューイヤーに、まわりのインプレッションなどないまま、見た目が気に入って購入。ジャケ買い。

フレックスはしなやか。柔らかいじゃない、しなやか。あおると柔らかいが、乗ると適度な反発がある不思議な感じ。これがバンブーの効果か!?(バンブーコア、バンブートップシート、ノーサイドウォールとオールバンブーな板)

パウダーはスムーズ。ノーズの抵抗感がきわめて小さく、スッーーーーと胸をすくようなターン弧を描くことができる。

体感的にかなり速い。浮遊感というより、抵抗のない雲をかき分けるイメージ。

ノーズの抵抗感が小さいので、クイックな方向転換は苦手。

そのため前述のDriftより、半歩早くラインを見極める必要があるが、狙ったラインをスパーンと正確に通せたときの快感はひとしお。

からの当て込みも、抵抗感が少ないトップとはうらはらに、テールがほどよくパウダーを捉えてくれるので、気持ち良くスプレーを上げられる。

48Rにとって、初めてのとんがりボードなのだが、とんがりはパウダーのトラバースで、高度を落とされない。バックカントリーで非常に楽。

 

圧雪もそこそこ調子良い。

後ろ足周辺だけにある変わったキャンバーだが、しなやかなフレックスと適度な反発で、自分の荷重でターン弧をコントロールしやすい。

アイスバーンや朝一リーゼンチョッカリ大会は苦手だけど、それはフレックス硬めの板の仕事。そこまでは求めていないので、総じて圧雪性能も満足。

 

バランス良いのでどこでも使える板。

水上バイブスのような人口地形遊びでも調子いい。

 

残念なことを書くと、トップシートまでオールバンブーなので、耐久性が低い。

トップシートが裂けるように剥がれるので、取扱いは注意だ。

img_7027

これは結構前の写真。2年使った今はもっと剥がれている。。

 

img0rr img1rrr img2rrr

 

 

 

 

Napoleon Fish 147(3Dソール)はハンドリングマシン

説明不要のTJの代表作。

3台目の選択としてはイマサラ感もあったけど、一度はザ・TJに乗りたくて、ヤフオクで中古を購入。

img_7099 img_7100

フレックスは柔らかい。

パウダーでは3Dソールのトップが浮いて、短いテールが沈み込むバランス感。

テールを軸にトップがヌメヌメ向きを変えるイメージだ。147cmのショートボードも相まって、小回り得意。目線を行きたい方向へ送るだけでターンする。

タイトなツリーラン、細い沢、藪、笹、なんでもござれ。細かい地形でも、抜群の小回り性能でばんばん当て込める。

普通の板より1.5倍くらい多く当て込めるのがショートボードの地形遊びの醍醐味。普段のゲレンデをまた違った味わい方ができるオイシイ板。

短さを感じさせない浮力で、トップスピードはノーズの抵抗や板の短さで遅いものの、スッとパウダーに乗れる初速の速さでパウダーでのリスタートも楽ちん。

 

 

圧雪もそこそこ気持ち良くターンできる。

意外とエッジグリップするが、カービングというよりはサイドカーブなりに曲がるレールターンな印象。

柔らかい雪ならば、結構飛ばせる。

 

でも、セットバックが大きく前が長いので、けっこう前乗り意識が必要。

48Rはマイノリティな前乗りティ(オヤジギャグ)になじめず、すぐ売ってしまった。

 

人気板でリセールバリュー高く、買った値段+5000円で落札されていきました(笑)

 

パウダー全般で使いやすいけど、地形パウダーがもっと楽しくなる板。

小回り系ショートボードなので、メンツルビッグバーンは物足りない。

 

imgt img1tt img2tt

 

 

 

次のTJは?

また買うんかい!ってツッコミはなしで。

ただの妄想。あくまで妄想。

次買うなら、shiftのフラットキャンバーモデルか、the shapers seriesの2496。

Shift フラットキャンバーは、その魅力であるスムーズさにますます磨きがかかってそうだし(その分圧雪はちょっとマイナスと予想だけど)、2496はスピードスターってカタログの響きと、オーラのある見た目がヤバい(実物は画像よりかっこいい!)。

img0 img1

 

48Rのオススメは?

どこでもオールマイティに使いたいならshift。

速い板でやや操作に正確さが要求されるが、ターンの気持ち良さは間違いない。圧雪のクルージングも楽しい。

 

地形遊びに特化したい人や、パウダーでのターンに苦手意識がある人はnapoleon fish。

くるくるターンできるショートボードなので、使う場所を選ばない。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-道具ネタ
-

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.