道具ネタ

Hestra レザーグローブを長持ちさせるお手入れ方法 〜純正レザーオイルとNikwaxの革用撥水WAXメンテナンス〜

投稿日:2013年11月2日 更新日:

自分がヘストラグローブにしているメンテナンス方法をまとめてみました。

適切なメンテナンスをした友人のヘストラグローブなんかは10年選手でもまだまだ現役です。自分も7年目ですが、まだまだ革も柔らかくて、防水もバッチリ。

一手間加えることで長く快適に使えるし、なにより道具に愛着がわくのが良いですね。

 

 

レザーグローブには定期的な油分補給を

革は油分が抜けることによって劣化する。

グローブを使用するたびに油分は抜け、確実に性能は低下していくのだ。

革製品のメンテナンスでは、その抜ける油分を定期的に補給するのがメインとなる。

定期的な油分補給で、革はずっと長持ちするし、防水性を長く維持することができる。

経験上、革製品の寿命はメンテナンス頻度に依存すると言っても過言ではない。

男性諸君ならメンテナンスをしてない野球グローブを思い出して欲しい。カピカピに乾いてボロボロだろう。

また革製品は布製グローブと違いをメンテナンスして長く使用するこで、革独特の味も出てくるのが魅力だ。その経年変化が、まるで道具が若者から味のある大人に成長するようで、とても道具に愛着がわくようになる。

 

 

 

48Rのメンテ方法

まずは定番のヘストラ純正オイル(LEATHER BALM)から。

グローブは履いて、オイルを手に取り手を洗う容量でグローブ全体に伸ばしていく。けっこうテカテカになるくらいたっぷり塗っても、翌日には革に吸収されているので、革が油分を吸ったことを実感できるはずだ。

 

そして、48Rの場合は仕上げに撥水処理。

Nikwaxの革用撥水WAXを使用している。

昔、革製スノーボードブーツのshimano tripper使ってたときのメンテ用の余りなんだけどね(笑)

これも同様に手袋を履いて、全体に伸ばす。

 

Hestraグローブのような革製品は、油分が抜けると水が滲みやすいが、あらかじめ撥水しておくとほとんど水を吸収しない!

 

スノーボードでヘストラを使っていると、特に春先のラチェットの開閉ですぐに濡れて、その後日が沈んで気温が下がると凍るのよね。なので、もう革用撥水は手放せない。

水が染み込まないので、油分の保ちも良く、革もカサカサにならずしなやか。

オイルだけのメンテより、撥水処理をすることで確実に革が長持ちする。

 

 

ちなみに、ソレルのブーツにもこの撥水ワックス使っているが、こちらも効果抜群!水を弾きまくりでゴイスー。

ソレル カリブーを長持ちさせる簡単お手入れ方法 ~Nikwax革用撥水WAXでメンテナンス~

冬は愛用しまくりのソレル カリブーの48R流のメンテナンスを方法を公開。 メンテナンスすることで、革がしなやかになり防水性も復活します。 毎年一回はメンテナンスを続けることで、10年以上使えますよ。 ...

全然水が染み込まない。すごい撥水力。

 

 

革製品は定期的なメンテナスで末長く使いましょう。

逆にメンテナンスをしないと革製品の劣化は驚くほど早いですよ。

 






data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-道具ネタ
-

Copyright© 48rider.com , 2018 All Rights Reserved.