自転車

【超便利!】ヒッチサイクルキャリア Yakima Hold Up 2レビュー【ハイエース200系カスタム】

投稿日:2015年8月4日 更新日:

ついに念願のヒッチサイクルキャリアを導入!るるる〜(テンション上がってます)

今回はその購入動機やインプレッションについて書いてみる。

結論を先にいうと、もうね、最高ですよ!(嬉し涙)

 

 

ヒッチサイクルキャリアを購入

先日ハイエースにヒッチメンバーをDIY取り付けした記事をアップした。

ヒッチメンバーDIY取り付け!ハイエース200系 DMDボルトオンヒッチ購入

ハイエースにヒッチサイクルキャリアをつけるため、DMDさんのハイエース専用設計、ボルトン装着可能なヒッチを購入。専用設計なので、セルフで簡単な作業と工具で取り付け完了で大満足。画像付きで取り付け方法を解説してます。

続きを見る

もちろんサイクルキャリアのタメです!

 

Yakima Hold UP 2を購入。タイヤで固定するタイプが便利。

選んだのはアメリカで人気のYakima Hold Up 2という製品。

ダウンヒルバイクのような重量車でも安心なタイヤで車体を固定するタイプのキャリアだ。

チャリンコを分解する必要なく、慣れれば1分もかからず固定完了

うひひ、めっちゃ便利!

一方、同じヒッチキャリアでもトップチューブで自転車を固定するタイプのヒッチキャリアの場合、値段は安いもののバイクが振られやすいので、重量車には向かない
こういうキャリアの場合、重量級のDHバイクだと、トップチューブ支持だけでは不安。ブレーキや加速で揺れてガチャガチャしてしまう。

さらにフルサス車はトップチューブの形が特殊なフレームが多いから、フレーム形状によっては使えないデメリットもあり

やはり、タイヤで固定するタイプのほうが、チャリを選ばず使いやすい

 

 

その他の選択肢は?

今回はYakimaを購入したが、タイヤで固定するヒッチキャリアの場合、次の2社も国内では使っている人をみる。

 

Kuat NV

国内ショップで購入可能。

色使いがかっこいい。

機能的にはYakima hold UP2と同等。

お値段は10万円ほど。

 

 

Thule 

こちらも国内ショップで購入可能。

こちらはテールランプがつくのがメリット。

キャリア自体のつくりも、一番がっちりしている印象。

お値段は12万。

 

 

なぜ48RはYakimaにしたか

理由は簡単、他に比べ圧倒的に安いお値段(笑)

yakimaも5万近くして、高けーよ!!って声が聞こえてきそうだけど他は10万円クラスじゃけいの。

ま、yakimaも海外で売れてるっぽく、レビューも豊富だし、評判も悪くないし富士見の駐車場なんかでも良く見かけるし、安くても問題ないでしょー。

実際使ってみると安いなりに?少なからず欠点はあるものの、目的の自転車を積むという機能は十分は果たしているので満足であります。

 

 

Yakima Hold UP レビュー

組み立ててチャリンコ乗せた図。


ところで、こいつは陽気な大陸の人たちが作るメリケンプロダクツ。

スプリットボードの某V社のように大ざっぱな作りで多少の手入れが必要なことは覚悟したけど、あっけないほど簡単に組み立てられた。

某のように、バリが出てたり、穴の位置がずれてて要修正というようなこともなし。

ま、ボルトのトルク指定してるわりには、付属工具は100均工具並みだったり使わない部品が同梱されてたり、ツッコミどころはあるんだけども。

ハイエースはリアゲートが垂直なので、車体に近い側のポジションだと窓にハンドルバーが接触。

載せられないことはないが、傷防止でハンドルに軍手被せたり、ちと面倒。
ちなみに、48R号のハンドル幅は800mm。

市場では最もハンドル幅広い部類なので、一応どんなチャリンコでもハイエースで前ポジで載せられると思う。このポジションに載せる場合、リアガラスにダメージが及ばないように、ハンドルエンドにゴムを当てて軍手被せてバンドで固定している。


上の画像のような感じ。これなら車体が跳ねてもリアウィンドウにハンドルエンドが強く当たることはない。かれこれ一年こんな状態だが、特に問題なし。

ちなみに、同じようなボディ形状のキャラバンも当たった。

ステーションワゴンだとリアガラスが寝ているので、まず当たらない。

 

固定方法は1分

超簡単。

フロントタイヤをアームで固定して(スライドさせるだけ)

リアタイヤをストラップで締めると完了。


ストラップはスノーボードのバインディングのようにラチェット式。1分足らず。超簡単!

この簡単さを味わうと、天井に積むとか、腰が悪くなりそうで想像もできない。

 

防犯用に鍵付き

フロントタイヤを固定するアームに、ワイヤーロックが標準装備


おでかけも安心。

 

チルト機能

リアゲートを開けるため、チルト機能もあり。

が、ハイエースとは相性悪く、後ろポジションに自転車を載せていても、ハイエースの馬鹿でかいリアゲートがハンドルエンドに当たって開けられない。。。

普通のステーションワゴンなんかだと、問題なくチルトしてリアゲートが開くようだが、ワンボックス車はリアゲートが大きいので注意が必要である。

 

 

折りたたみ機能

使わないときは上に跳ね上げることでコンパクトに。
キャリア出してると、全長がバカ長くて、駐車場が面倒なのよね。畳むとそれほど気にならんです。


ナンバープレート見えないので、キャリアに自分のナンバーのステッカーでも貼らな。。

 

バックは難しくなった

チャリンコ積んだ状態では、バック駐車がかなり面倒。

バックカメラも死ぬし、ソナーも鳴りっぱなしだし、全長も車体後ろから1mちょっとは伸びるし(ハイエースの場合、全長6mくらいになっている)、幅もチャリンコのほうがハイエースより幅が広いしマイナス要素だらけ!


バックカメラは役に立たなくなる。

 


なんちゅー長さや!後ろのトヨタ車が出にくくなっている(笑)

車止めにあたるまでバックすると、後ろの車や壁に当たるし、手前で止めると車体が飛び出す。

駐車場所、選びます。

 

幸い我が家の地下駐車場は後ろにスペースが大きくとってあるので車止めの当たった状態でキャリアも大丈夫だし、リアゲート開閉もギリギリオッケー。
これは本当にラッキー。

その他、富士見や白馬に行く分には広い駐車場所なのでそれほど苦労しないが、都会のショッピングセンターや飲食店に寄るのは不便。

 

キャリアのセンターと自転車のセンターが合わない

よって、自転車の車体からのはみ出し量が左右で不均一に。


各ポジション、リアタイヤ側のはみ出し量が大きいので、2台積むとなかなか残念な感じだ

無駄に幅が広くなる。。

二台とも「自転車のセンター」と「ハイエースのセンター」を合わせられると、はみ出し量を左右均等にできて、もう少しスマートに詰めるのだが。

 

 

アメリカンジョーク?

どうでも良い機能のひとつに、ヒッチになぜか栓抜きが付いている。

IMG_5052

これを使う日はあるのだろうか。

 

排ガスがブレーキディスクにあたる

マフラー側のディスク板に排ガスのオイル分がつき、ブレーキの効きが悪くなることがしばしば起こる(車種によるかもしれない)。

対策として、ディスクカバーをつけている。

 

 

 

使ってみてのざっくりとした感想はこんな感じ。

まとめ、購入してほんとシアワセです。

後半はつらつら欠点も書いたけど、全体的にみれば超簡単にバイクを積めるし、外積みだと車内も汚れないし、車内空間も有効に使えるしで、メリットもたくさん。

もうね、ヒッチキャリアなしの自転車ライフは考えられんです!

 

車で自転車運ぶならオススメですよ。後悔しません

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自転車,
-,

Copyright© 48rider.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.