ハイエースのブログ記事

ハイエース200系 増設電源ユニット取り付け 〜お手軽純正風カーメイトキット〜

ハイエースの電源環境を整えるため、純正の灰皿に取り付けるカーメイトの電源増設キットを装着した。

簡単装着で、シガライターソケット2個、USB電源2個取れるので、一気に電源環境が快適に。

iPhoneやカメラ、LEDランタンの充電にとても重宝するし、見た目も純正風で違和感なく、灰皿を使わないなら付けて損なしのアイテムです。

 

*2020/05/10更新*

現在は後継の品番NZ586がお勧め。

フットライトが追加されて、さらに便利になった。

 

 

 

ハイエースにカーメイトの電源増設キットを取り付け

最近の小型電気機器は、昔ながらのACアダプタ経由のバッテリーチャージャを使うということもなく、やたらとUSB充電が多い。

ざっと思い浮かべただけでも、iPhone、iPad、デジカメ、GoPro、チャリのライト、ヘッドライト、LEDランタンなどなど。

当然、車の移動先でも使う機会の多い機器なので、移動中の充電は必須。

というわけで、ハイエース内の充電環境を整えることにした。

(余談だが、最近はUSB充電の機器が増えてきて、専用充電器の必要がなくなりとても便利になってきた。あとは憎っくきUSB端子の統一さえ完了して世の中全てのUSBポートがUSB-Cに置き換われば良いのだが)

 

今回購入したのはカーメイトの電源増設キット。

ハイエース乗りの定番商品。ハイエース専用設計で、インテリアとのマッチングも良い。

USBが2つとシガライターソケットが2つ。

 

内部にヒューズも装備されてる。

 

*現在はフットライトが追加された品番NZ586がお勧め

 

2分で取り付け完了

取り付けは超簡単。

本体のプラグを車体のシガーソケットに差し込んで、純正灰皿のあった場所に電源増設ユニットを挿入するだけだ。

2分もあれば装着完了。

純正風の見た目で収まりがよろしい(ちょっと色味が合わないところは残念!)

そうそう、このキット、灰皿と入れ替えるので、喫煙者は使えんです

48Rは非喫煙者だし、同乗者にも絶対に吸わせないので、問題ないのだが、純正灰皿愛用者は諦めるしかない。

 

車にUSB給電口が増えると、なにかと便利ですよん。買ってよかった!

 

他にも「ハイエースカテゴリ」で色々と記事書いてます。よろしければ、そちらもどうぞ。









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-ハイエースのブログ記事
-,

Copyright© 48rider.com , 2020 All Rights Reserved.