ハイエース200系 リアスピーカーユニット&MDFバッフルボードDIY交換 音質改善

投稿日:2015年1月28日 更新日:

リアスピーカーDIY交換にチャレンジ

4型ハイエースはリアスピーカーが貧弱よね

3型ハイエースから、リアスピーカーの口径が16cmから10cmに。

当然、こんな小さなサイズでは低音不足。

最近は2列目のチャイルドシートの横に座るので、
スピーカー交換済みの運転席とのオーディオレベルの差は歴然。

後ろに座っていると、前部座席に比べて音が悪いからストレスなのよねー

というわけで、リアスピーカーもちょっとマシなのに交換してみた。

 

リアスピーカー口径10cmから16cmユニットにパワーアップ

carrozzeria TS-F1620を購入。16cmユニットです。

*2016/04/02更新 今はモデルチェンジしてTS-F1630になっているようです。

バッフルはヤフオクでMDF製のものを購入。

口径の差は歴然。
写真は17cmスピーカー、TS-F1620は写真撮り忘れた。
ちなみに、この17cmはボディと干渉して取り付けられず。。。

リアスピーカーはバッフルと背面のボディまでの空間が狭いので
大きいマグネットのスピーカーは入らんのです。注意。

17cmではなく、16cmを買いましょう。
あ、16cmでもTS-F1620でギリギリなので、物によっては16cmでも付かないかも(^^;
取り付け実績のあるユニットを買うのが無難かなと思います。

 

 

例によって、DIYで交換

交換手順は簡単。

リアゲートの淵を外して

リアクォーターの内装をバリバリ外す。
内装剥がしを突っ込んで、引っ張るだけで簡単に外れる。

あとはユニットの交換。

逆の手順で戻して完成ね。

デッドニングはなし。

あとで内張とボディの間には車中泊のために断熱材詰め込む予定なので、それがデッドニングになるかと。

 

 

交換してみて

10cmから16cmの効果は、ユニット実力以上に口径の実力差が如実。

以前より低音出るようになった。

後部座席だとイマイチ低音が聞こえてこなかったのが大幅改善。

ユニットの質も良くなったので、ボーカルも澄んだ感じに。

 

 

変えて大正解。

 

あ、もちろんナビのオーディオセッティング画面でチューニングは必要よ。

フロントとリアのボリュームを調整して、後部座席で気持ち良く聞けるようにセッティング。

 

車内移動時間が長い48家。
こういう細かいチューニングが快適性に結構効いてきます。

*2016/3/14追記*

ブログ読者様から参考になるコメント頂きました(下部コメント欄参照)。

床貼りしてクォーターパネルを完全に取り外せないハイエースでも、外せるだけ外して、隙間からのアクセスでスピーカーユニット交換可能なようです。

床貼りされてるからって、交換あきらめなくても良いようで!

 

他にも右下の「ハイエース」タグで色々書いてるので、そちらもどうぞ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-
-,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.