JB74ジムニーシエラ ジムニー

JB64/74ジムニーのリアワイパーレス【見た目スッキリ】

JB23でもやっていたリアワイパーレスをJB74ジムニーでもやっちゃいました。

メリットが多いので、ワイパーを一年以上動かしてない人はやったほうが良いカスタムです。

 

 

リアワイパーレスの4つのメリット

当然リアウインドウを拭けないデメリットはあるのだが、メリットも多いリアワイパーレス。

ざっと感じるメリットを書いてみた。

リアワイパーレスのメリット

①見た目がスッキリ

②ワイパーゴムに埃がたまらない

③積雪で折れる心配がない。

④軽量化(ワイパーブレードだけでなく、重いワイパーモーターも取り外せる)

 

なんといっても①の見た目がすっきりするところが、個人的には非常に気に入っている。スペアタイヤレスとも相まって、シンプルなリアビュー。

JB64/74ジムニーのスペアタイヤレス化!見た目スッキリ&軽量化

JB23に続き、JB74ジムニーシエラもスペアタイヤを外してみた。 スペアタイヤを背負った後ろ姿も「ザ四駆」っぼくて好きなのだが、今履いてるタイヤとスペアの純正タイヤの外径も異なっておりスペアタイヤと ...

続きを見る

 

48Rはほとんどリアワイパーを使うことがないので、特にデメリットを感じることなく、メリットだけ享受している。

 

ちなみに③の雪の重みでワイパーが折れるのを防ぐ手段として、ワイパーブレードの倒立化という手もある。

JB64/74ジムニーのリアワイパー倒立化 ~雪国ワイパー折れ対策~

48Rはスノーボードで雪国へ行く機会も多いので、リアワイパーが雪の重みで折れるのを防ぐため、リアワイパーを倒立化をした。 JB64/74ジムニーはワイパーのギアを組み替えるだけでお手軽に倒立化できます ...

続きを見る

ワイパーは使いたいけど、積雪での折れを防ぐなら、こちらがおすすめだ。

(倒立化すると、ワイパーブレードが目立って狙っているシンプルとは逆方向なので、もうワイパーごと外すことにした)

 

 

JB64/74ジムニーのリアワイパーレスの方法

20分くらいの作業です。

 

必要部品

JB23ジムニーは純正部品でリアワイパーの穴を塞ぐゴムがあったのだが、JB64/74ジムニーではその純正ゴムはサイズが合わない。

しかしながら、ワイパーの穴が直径25mmなので、市販の汎用ゴムブッシングで穴埋め可能だ。

お値段、230円で4個入り。お財布に優しい(笑)

 

 

必要工具

・10mmのソケットとラチェットハンドル

・内張り剥がし

 

 

手順①リアワイパーブレードの取り外し

リアワイパー根本の10mmナットを外して、ワイパーブレードを取り外す。

 

 

手順②リアゲートの内張り剥がし

別記事で解説しています。

JB64/74ジムニーのリアゲート内張りの外し方【DIYメンテナンス入門】

リアワイパーやリアゲートにナンバーを移動した時の配線作業時に取り外す必要のあるリアゲートの内張りの外し方をご紹介します。   目次リアゲート内張りの外し方必要工具リアゲート内張りの外し方 リ ...

続きを見る

 

手順③リアワイパーモーターの取り外し

リアワイパーモーターは10mmのボルト3箇所、モーターのカプラーを1か所外せば、取り外すことができる。

 

ワイパーブレードのゴムブッシュは引っ張るだけ。

 

外したワイパーモーターはゴムやナットを無くさないよう、アッシー状態に組み立て保管した。

ナットやゴムブッシュなんて、バラで保管すると、絶対に失くすよね。。

 

 

手順④ワイパーレスのゴムブッシングの取り付け

浸水防止のため、ゴムブッシングの溝にたっぷりグリスを塗った。

ワイパーの穴に嵌めて、はみ出たグリスを拭いて作業完了。

 

 

JB64/74ジムニーのリアワイパーレスまとめ

コイン洗車場の高圧洗浄機を掛けたあと内部をみてみたが、浸水した様子もなかったので、汎用のゴムブッシングでも問題ないでしょう。

見た目がスッキリするので、JB23ジムニーの頃から気に入っているリアワイパーレス化カスタムのご紹介でした。

 

 

他にも「JB74ジムニーシエラ」タグで色々ジムニー 記事書いてます。よろしければ、そちらの記事もどうぞ。









-JB74ジムニーシエラ, ジムニー
-,