道具ネタ

バートンタイプのスプリットフックに変更 スプリットボードカスタム

投稿日:2011年2月3日 更新日:

スプリットフックをVoileからバートンタイプに変更した。
Voileだと、フックを合体や分離の度に回転させるのが面倒だったし
ボルトナットで固定しているパーツを回転させていると、たまにナットが緩んでくるのがうざかった。

その点バートンタイプだと、固定パーツなのでナットの緩みがないし
フックを回転する必要もないので作業も早い。

普段、激速スキーヤーと行動することが多いので、ちょっとでも作業が早くなるのはありがたいです。

ちなみにこのパーツ、バートンのスプリットシステムで一番良い部分らしいです。
(バートンのドッキングシステムは超シビア!!)







ハイエースの燃費データを集めています。

下記リンクのコメント欄より燃費情報を投稿いただけると幸いです。

【ハイエース燃費募集】あなたの燃費について教えてください! 〜ハイエースの燃費データをまとめてみる〜

続きを見る



data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-道具ネタ
-,

Copyright© 48rider.com , 2019 All Rights Reserved.