JB23ジムニー ジムニー

【誰でもできる】JB23 デフオイル交換方法まとめ

今回はJB23のメンテナンス記事。

JB23も走行距離は4万キロちょっとになったので、ちょうどデフオイル交換時期。

車高の高いJB23ジムニーはデフオイルのドレンやフィラーキャップにアクセスしやすく、交換は比較的簡単な作業です。

長く乗るため、定期的にメンテナンスしましょう。

 

JB23のデフオイル交換距離

デフやミッションなどのギアオイルの交換距離は下表の通り(表は横にスクロールします)

通常交換時期 シビア条件交換時期 指定銘柄 規定量
ミッションオイル 40,000km 20,000km スズキ4輪ギヤオイル 75W-80 GL-4(MT車) 1.2L
トランスファーオイル 40,000km 20,000km スズキ4輪ギヤオイル 75W-90 GL-4 0.8L
デフオイル

40,000km

20,000km

スズキ4輪スーパーギヤオイル 80W-90 GL-5 Fr : 1.35L
Rr : 1.5L

デフオイルの推奨交換距離は、通常なら40,000km。シビア条件なら20,000kmだ。

 

ちなみに、シビアコンディションとは、下記の走行条件が当てはまる(以下のHondaのHPの説明がわかりやすい)。スクリーンショット 2015-12-09 22.51.53

注意しなければいけないのは、意外と都市部の走行はシビア条件に該当すること。

まさに下記の2条件は、都市部でちょい乗りという感じの使われ方だ。

「短距離の繰り返し走行が多い(目安:8km/回)」

「低速走行が多い場合(目安:30km/h以下)」

 

シビア条件に該当しない車だけは通常の40,000km交換でOKなのだが、実際にそのような使われ方の車の方が少ないのかもしれない。

 

 

ギアオイル(デフオイル)についての基礎知識

デフオイルやミッションオイルなど、車のギア部品に使用されるオイルはギアオイルに分類される。

両者は共用出来たり出来なかったり、オイル銘柄によって用途が異なるので、その理由についてや、ギアオイルの基礎知識について解説する。

 

ギアオイル(デフオイル)の粘度表記について

これはSAE規格(アメリカ自動車技術協会) と呼ばれる表記が採用されており、75W-80の「75W」とは低温側の粘度指数を表し、「80」は高温側の粘度指数を表している。

例えば75W-85の「75W」なら-40度から使用可能な粘度ということを表しており、数字が低いほど低温に強くなっていく。

また、75W-85の「85」は100度での粘度(下表)を表しており、数字が大きいほど硬いオイルとなる。

SAE粘度
グレード
150,000mPa・sに達する
最高温度、℃
動粘度(100℃)mm2/s
最低※1 最高
70W
75W
80W
85W
80
85
90
110
140
190
250
-55
-40
-26
-12
4.1
4.1
7.0
11.0
7.0
11.0
13.5
18.5
24.0
32.5
41.0
11.0
13.5
18.5
24.0
32.5
41.0

 

ちなみに、一般的なエンジンオイルの10W-30 に比べるとギアオイルの粘度はかなり数字が大きいが、これはエンジンオイルに比べてオイルが硬いわけではなく、表示体系が異なるためだ。

おおよそだが、10W-50のエンジンオイルと、75W-90のギアオイルが大体同じくらいの粘度となっている。

 

また、「75W-85」のように低温側/高温側の二種類の粘度が表記されるオイルをマルチグレードと呼ぶのに対し、「75W」のみ表記のオイルをシングルグレードと呼ぶ。

これはSAE規格以前から存在するグレードで、SAE規格導入後も高温側の粘度がSAE下限の80より低いためマルチグレード表記ができないオイルである(つまり、「75W」は「75W-80」より柔らかい)。

 

 

ギアオイルの用途分類について

ギアオイルには粘度分類の「SAE規格」の他に、「API規格」と呼ばれる負荷によっての用途別の分類がある。

この規格は、ギアオイルの使用用途によって、GL-1からGL-6の6段階に分けられている。

現在、GL-1,GL-2は消滅しており、GL-3以降で代替。実際に販売されているオイルとしては、ほとんどがGL-5で、GL-4は少数派、GL-3に至っては店頭では見たことがない。

 

【ギアオイル API規格一覧表】

API分類 使用箇所
GL-1 自動車では使用されない
GL-2 特殊な場合のみ使用
GL-3 トランスミッション・ステアリングギア
負荷の低い緩やかなディファレンシャルギア
GL-4 過酷な条件で使用されるトランスミッション・ステアリングギア・ディファレンシャルギア
高速低トルク、低速高トルクに対応
GL-5 GL-4よりも過酷な条件で使用するディファレンシャルギア
高速衝撃荷重にも耐える
GL-6 GL-5よりも過酷な条件で使用するディファレンシャルギア
フォードのみの規格で実際は使用されていない規格

 

GL-3グレードから耐極圧剤、摩耗防止剤として硫黄、りんなどの化合物を配合し、GL-3からグレードが上がるにつれて、これら極圧添加剤が多く配合されている。そのため、GL-3よりGL-4、GL-4よりGL-5のグレードのギヤオイルは、耐極圧性、摩耗防止性について性能が向上。故により過酷な高荷重、摺動力が加わる条件のギヤ、デファレンシャルギヤ(ハイポイドギヤ)においては、GL-4、GL-5等のグレードが指定されている。

 

 

 

デフオイルはミッションオイルやトランスファーオイルと兼用できる?

デフオイルとミッションオイルを兼用できると、それぞれ使い回せるので無駄な余りが生じず効率的なのだが、デフオイルとミッションオイルで指定オイルが異なっている車種も多い(ジムニーも別オイルが指定)。

また、「GL-4指定のミッションにGL-5規格のオイルを入れるとシンクロが痛む」というのはよく聞く話だが、最近売られているオイルはGL-5がほとんどでデフ/ミッション兼用と謳われているオイルも多い。

 

結局のところ、両者は兼用できるの?という疑問について、解説する。

 

GLグレードが高いほど極圧性能が高く、デフのハイポイドギアなど高い極圧性能が求められるギアの潤滑に使われる。

一方で、極圧性能を発揮する添加剤は金属表面を腐食させてしまうので、特に腐食に真鍮製のミッションのシンクロを痛めてしまう。ミッションには高い極圧性能は必要ないので、GL-4グレードが指定されることが多い(実際、GL-5のギアオイルを入れて、ミッションが壊れた事例もある)

 

と、ここまでは一般論。

 

しかし、最近のGL-5グレードのギアオイルは、ミッションにも使うことを前提に配合開発されており、GL-5とは謳っているものの、金属への影響はGL-4レベル以下。つまり、メーカーがGL-5グレードのオイルでミッションオイル対応と謳っていれば、ミッションオイルとして使ってOKなのだ。

つまり、GL-4とかGL-5などにとらわれず、メーカーがそのオイルをどの用途に向けているのかを確認するのが重要だ。

(GLグレードの表記なく、ミッション/デフ/LSDに対応したギアオイルもある)

 

 

まとめると

ギアオイル兼用まとめ

・GLグレードが高いほど極圧性能が高い

・GL-5のギアオイルは金属、特にミッションの真鍮製シンクロへの腐食性が強いものがある

・GL-5のギアオイルでも、ミッション用と謳われているものは腐食性も考慮されているので、ミッションに入れてOK(要は、GLグレードよりオイルの用途確認が重要)

 

もちろん、ミッションオイル/デフオイルを兼用するなら、オイル粘度が純正指定を下回らないようにするのがベター。安易に粘度を下げると、油膜切れのリスクがある。一方でミッションに80W-120などの硬いオイルを入れると、ギアの入りが悪くなる。

共用するなら、両者の粘度が近い必要もあるのだ。

 

JB23ジムニーのデフオイル/ミッションオイルは兼用できるか?

さて、もう一度JB23ジムニーの指定オイルを眺めてみる。

通常交換時期 シビア条件交換時期 指定銘柄 規定量
ミッションオイル 40,000km 20,000km スズキ4輪ギヤオイル 75W-80 GL-4(MT車) 1.2L
トランスファーオイル 40,000km 20,000km スズキ4輪ギヤオイル 75W-90 GL-4 0.8L
デフオイル

40,000km

20,000km

スズキ4輪スーパーギヤオイル 80W-90 GL-5 Fr : 1.35L
Rr : 1.5L

この表の通り、純正オイルではデフがGL-5指定、ミッション/トランスファーオイルがGL-4指定なので、両者の粘度は近いものの、流用は不可である。

「スズキ4輪ギヤオイル 75W-90 GL-4」をデフに入れると極圧性が足りないし、「スズキ4輪スーパーギヤオイル 80W-90 GL-5」をミッションに入れるとシンクロなどに悪影響を与える可能性がある。

(JB23のデフは軽自動車ながらトランスファーでLoギアが使えるので、かなりの大トルクがかかるのだ)

 

また、先に述べた通り、GL-5でもちゃんとミッション用と書かれているオイルについてはミッションに入れても問題ない。

 

 

おすすめデフオイル

スズキ純正「スズキ4輪スーパーギヤオイル 80W-90 GL-5

安くデフオイルを交換したいなら、純正オイルがおすすめ。

純正オイルのメリットはメーカーによってオイル性能が担保されていること。変な激安オイルを使ってトラブっても、「オイルが悪い」と保証の対象外になってしまう可能性もあるので、純正オイルが最低ラインと思った方が良いだろう。

低コストで車の性能を引き出すとともに、故障などのトラブルのリスクもカバーしたいのであれば、純正オイルをを推奨交換距離を守って交換していくことが1番。

 

高性能ギアオイル NUTEC ZZ-31 75W-85

オイルにさらなる性能を求めるなら、各オイルメーカーが販売している高性能ギアオイルがおすすめ。

48RはNUTECが好きなので、ギアオイルもNUTECをチョイス。

このオイル、そこそこお値段は高いものの、レース用ギアオイル(NUTECのNCシリーズ。こちらは超高価)と同じベースオイルを使用しており、極圧性能が高いだけでなく低フリクションでロングライフ。お値段以上の高性能オイルなのだ。

JB74のミッションオイルとして使ったら、引っかかり感のあった1速とRが吸い込まれるようにギアが入るようになったことから、もうずっとコレでいく!と決めたオイルだ。

正直デフオイルでは交換しても体感出来なかったが、良いオイルを入れておくのは部品に良いだけでなく、精神衛生的に良いもの。

ミッション、トランスファー、デフ、LSDなど、車のあらゆるギアオイルに使えるおすすめオイル。

 

デフオイル交換方法

ジムニーは最低地上高が高く、車体の前後からデフが丸見え。とても作業しやすく、DIY初心者でもトライしやすい内容だ。

 

必要工具

・ブレーカーバーなど、ハンドルの長い工具

・10mmドランプラグソケット

・灯油ポンプ or サクションガン

・オイル受け皿

・廃油パック

・パーツクリーナー

・ウェス

 

デフのドレンプラグ/フィラープラグは10mmスクエア形状。9.5SQの■部で回す人もいるが、10mmスクエアより微妙に小さいので舐める可能性がある(特に数年未交換だと固着している可能性もある)。確実に作業するなら、10mmスクエアのドランプラグソケットを使おう。

また、ジムニーのミッションオイルのフィラーは狭い位置にあるので、背の高いドレンプラグソケットは入らない。その点KTCのドレンプラグソケットは背が低く設計されているので、JB23には打って付けの工具である。

 

オイルの注入は灯油ポンプがおすすめ。サクションガンも持っているが、灯油ポンプのほうが早いし手も汚さず作業ができる。

 

 

手順①フィラープラグを緩める

前後デフとも作業は同じなので、リアデフで解説する。

まずはフィラープラグから緩めるのが鉄則!

ドレンプラグから緩めてオイルを排出して、もしフィラープラグが緩められなかったらオイルを入れられず、走行不能になってしまうからだ。

 

10mmドレンプラグソケットでフィラープラグを緩める。

 

手順②ドレンプラグを外してオイルを排出する

デフ底面のドレンプラグを取り外して、オイルを排出する。

 

ドレンプラグを取り外すと、黒いオイルが勢いよく出てきた。

10年4万キロ経過したデフオイルの状態は如何に。。。

なんじゃこりゃ〜〜!!

排出されたオイルの中にはスラッジやら金属片らしきものがびっしり!こんな状態でデフのギアが回っていたなんて、想像するだけでゾッとする。。

 

ドレンプラグのマグネットにも鉄粉がびっしり。

おいおい。。

 

もちろん、ドレンプラグは鉄粉やネジ山の詰まりはキレイにクリーニングする。

 

 

手順③オイルを注入

フィラープラグのガスケットは、基本は毎回新品交換だ(多少再利用しても全然大丈夫だけど、安い部品なので新品にしてしまう。

品番は下記の通り。

フィラープラグガスケット:09168-20003-000

 

ドランプラグはテーパーネジなので、シールテープを巻く。

シールテープ先端2山を残して、締め込んではがれない方向に巻くのが基本だ。

 

また、締め付けトルクは下記の通り。

・フィラープラグ:50Nm

・ドレンプラグ:27Nm

ただし、ドレンプラグはテーパーネジなので、トルクはあくまで目安。あまり深くネジが入りすぎるとデフケースに負担がかかるので、外す前のドレンプラグがどのくらいデフケースに入っているか覚えておくと良い

 

まずはドレンを締めてから、灯油ポンプでオイルを注入する。

 

灯油ポンプはオイル缶の深さに合わせてカットすると、作業がしやすい。

必要オイル量は前述しているが、特に測って入れる必要はない。車体を水平にして、フィラーからオイルが溢れるまで入れればOKだ。

 

ちなみに、サクションガンも持っているが、灯油ポンプのほうが作業が早く、手も汚れない。

 

最後にパーツクリーナーとウエスでオイルをキレイに拭き取ろう。

デフがオイルで汚れていると、オイル漏れか汚れか判別できないので、清掃は整備の基本だ。

 

デフオイル交換まとめ

デフオイルをNUTECの高級ギアオイルをしたところで正直体感はできないのだが(ミッションに入れたらシフトがスムーズになるのが体感できる)、わりと急加速や高速道路で130km/hくらいで巡行、林道や雪道で4L走行したりとデフには負荷をかけているので、良いオイルを入れておくとデフに良いだけでなく精神衛生的にも気持ち良くエンジンを回すことができる。

作業としては、車高が高く整備性の良いジムニーでは特に難しい工程はないし、前後デフ合わせて1時間程度でできてしまうメンテナンスである。

48RのJB23ジムニーのように、デフオイルにスラッジや鉄粉が

 

他にも「JB23ジムニーカテゴリ」で色々ジムニー 記事書いてます。よろしければ、そちらの記事もどうぞ。

 









-JB23ジムニー, ジムニー
-,