ジムニー ジムニーJB23

JB23ジムニーのリアバンパー外し方 〜社外バンパー交換準備編〜

投稿日:2019年9月1日 更新日:

今回はリアバンパー交換前の準備として、リアバンパーの取り外し方を解説する。

ジムニーのリアバンパーは特に面倒な固定はないので、簡単に外せます。

 

ジムニーのリアバンパーの外し方

外すだけなら10分もかからない。

 

必要工具

・10mmソケットレンチ or プラスドライバー 

 

車ではよくある10mmの六角ボルトにプラスネジの穴が切ってあるタイプ。

どちらでも作業できるが、こういうタイプのネジは受け側が樹脂の場合があり、オーバートルク防止のためプラスドライバーで作業する方が安心だ。

 

 

手順①リアゲート下部のボルトを外す

 

 

手順②タイヤハウス内側のボルトを外す

これは左側の写真。右側も同様に作業する。

 

 

手順③パンバー下部のボルトの取り外し

バンパー下部、上向きに2箇所ボルト止めされている。

 

 

 

手順④テールランプ奥のボルトを外す

テールランプの奥にもボルトがあるので、テールランプ本体も取り外しが必要だ。

テールランプのボルト2本外すだけで簡単に外れる。

 

テールランプにはブレーキランプとウインカーの配線が来ている。これは電球のベースを反時計回りに回すと簡単に外れる。

 

バンパー取り付けの邪魔になるので、養生テープでボディサイドに固定した。

電球は皮脂がつくと熱がこもって球切れしやすくなる。絶対に素手で触らないように(テールランプ程度でも触らなほうが無難)。

 

テールランプ奥にあるこのボルトもリアバンパーの固定メンバー。

 

 

右側も同様に作業するが、リアゲート のヒンジがあるのでテールランプ周りの作業性が悪い。

とはいえ、そこまで難しくので落ち着いて作業しよう。

 

 

手順⑤リアバンパー本体の取り外し

ボルトを全て取り外すとリアバンパーが取り外せるが、リアバンパーに付いているナンバー灯とバックランプの配線がパンパー繋がっているので、それらを解除しよう。

 

これで外せます。

リアバンパーがないだけでリフトアップした感じになるね。バンパーレスも悪くない(笑)

 

 

まとめ

10分もかかりません。

ジムニーのリアバンパーはかっこいい社外品がたくさん売られているので、お好きなバンパーをどうぞ。

48Rもついに社外バンパーに変更します。

 

 

 

 

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

  • この記事を書いた人

48rider

MTBやスノーボードなどのアウトドアが趣味で、週末は山に出没しております。ハイエースいじりも大好きで、DIYネタを中心に更新中。

-ジムニー, ジムニーJB23
-,

Copyright© 48rider.com , 2019 All Rights Reserved.