スプリットボード自作

スプリットボード製作⑤ スプリットフックフックの取り付け

投稿日:2011年11月2日 更新日:

ついにマイボードにドリルで穴開けちゃいましたYo!!!

予めポンチでマークした位置にドリルで穴あけしたあとに、面取りドリルでテーパー加工。
その後、低粘度のエポキシ樹脂を浸透させて防水処理します。

んでフックの取り付け。面取りの量が違うので、微妙にボルトの頭の高さが違いますが、気にしない。
結構アバウトにやってもそれなりにカタチになるのでガンガンやっちゃいましょうw

表。karakoramのフックはがっちり固定できるね〜

ちなみに、この加工した後に気がついたんですが、
サンヒルのブログでフックの取り付けが詳しく解説されてます。
さすがプロは仕事が細かいですな。うむうむ。
(欲を言えば、48Rが作業する前にアップして欲しかった。。。)

 

自作スプリットボードのまとめ記事書きました。

猿でも作れる自作スプリットボード 〜 Which Even Monkies Can Make〜

スプリットボードを3台自作した48R流作成方法のご紹介。 48R流は、失敗が許されず一番難度が高くて面倒な板のカットを外注することと、打ち込み簡単なインビスキットを使うことで、日曜大工より簡単レベルで ...

続きを見る

よろしければ、こちらもどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スプリットボード自作
-

Copyright© 48rider.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.