自転車 道具ネタ

TNI CO2 インフレーターテスト ~やっぱインフレーターは超便利~

チャリ乗りなら携帯ポンプってどんなものか知ってると思うけど
乗らない人にはあの大変さってわからないよね。

マイ携帯ポンプ。

こんなポンプでエアボリュームの大きな29インチにエア入れようものなら
もうね、100回以上のポンピングは必要。
これだけで十分バテバテ、その後のモチベーションもだだ下がり間違いなし。。。

こんなんパンクのたびにやってらんね〜ってことで
TNIのCO2インフレーターを導入した。

色々なタイプのCO2インフレーターが売ってるけど
仲間で失敗した話も聞くし、バルブに押し当てるタイプではなく
バルブにねじ込む信頼性の高いタイプにしてみた。

重量は本体+カートリッジ2本で172g


ちなみに携帯ポンプは210gだから、38gの軽量化。

 

カートリッジは16gというスタンダードサイズ。

これで素早くエア充填可能なはず。

山スキーのアプローチでパンクして、時間ロスもあほらしいもんね。
さらに山行で時間のロスは、ときに致命傷にもなりうるし。。。

いきなり現場で使用するのは怖いし
どこまで入るかわからないのでテストしてみた。

動画。


一瞬。

こりゃ便利。
内圧も29erの2.0幅のタイヤで1.72まで入った。
ほぼ普段の使用内圧(チューブレスなんで、リム打ちパンクしないから低内圧使用)

舗装路面オンリーで3.0くらい入れたい場合は2本使うか
25gのボンベという手もある。

48号はチューブレス+パンクシーラント入りで、基本エアがすぐに抜けることはないんだけど
このインフレーターはバルブがついてるから、ちょい足し充填にも使えそう。

そして、チューブレスでもどうにもならんカットパンクなどの
いざというときは、予備チューブを入れてインフレート。

一発300円だけど、楽しい休日、
トラブルで時間取られるのももったいないので十分ありっしょ!!

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-自転車, 道具ネタ

© 2020 48rider.com