自転車

カーボンハンドルバーのDIYカットは工具があれば超簡単 〜アマゾンで揃えたソーガイドで簡単DIYカット〜

2015年10月4日

IMG_5612

Pivot PhoenixDHにはENVE MTB Downhill Bar 800mm幅をそのまま付けているんだけど最近友人のチャリンコなんかを試乗したりすると、他人のチャリなのになんだか乗りやすい。

むむむ、これはもう少しハンドルバーが狭いほうが、しっくりくるのかなぁと。

 

流行りはワイドバーとはいえ、外人さんほど体がデカくないワタクシメなんかが800mmノーカットは、さすがにちょっと広過ぎる気がしてきた。

 

友人のチャリは幅で言うと780mmなんだけど、たった片側10mmでも、驚くほどフィーリングが変わるのよね。

 

自分のチャリ乗ってるだけじゃ、恥ずかしながら全く気がつかなかった。たまには他のチャリに乗るのも勉強か。

 

というわけで、カーボンハンドルバーをカットします。もちろん例によってDIY

 

 

 

カーボンハンドルバーのDIYカット

必要工具

キモはソーガイド

カーボンハンドルバーはアルミハンドルバーみたいにパイプカッターで簡単に切れないけど、ソーガイドがあれば楽勝。

 

カット方法

 

①グリップを外す

IMG_5608

ロックオングリップなら、固定しているネジを緩めればスルッと抜けるはず。

 

②養生テープを巻いて、切りたい幅でマーキング。

養生テープはカーボン繊維のささくれ防止。

IMG_5609

これをやらないと、断面が綺麗にならない。

今回は780mm幅を目指して10mm詰めたところにマーキングした。

 

 

③ソーガイドをセット

IMG_5610

ソーガイドでさきほどのマーキング位置に刃がくるようにセットする。

 

 

 ④あとはノコギリでギコギコ

IMG_5612

 

IMG_5613

1分ほどで切断完了。

道具揃えれば、超楽勝。

 

 

カットしてみての感想

ポジション良くなって、ライディングのしやすくなりました。

IMG_5615

800mm幅はさすがに肩が開きすぎで踏ん張りが効かなかったが、10mmカットするだけでハンドルの抑えが劇的に効くようになりライディングの安定感が増しました。

 

ポジションて大事ね。もっと早く切ればよかった(笑)

道具さえ揃えればカーボンハンドルのカットは簡単なので、ポジションがしっくりこない人は是非カットを。

10mmカットするだけでもだいぶ変わりますよん。

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

  • この記事を書いた人

48rider

MTBやスノーボードなどのアウトドアが趣味で、週末は山に出没しております。ハイエースいじりも大好きで、DIYネタを中心に更新中。

-自転車
-, ,

Copyright© 48rider.com , 2019 All Rights Reserved.