JB74ジムニーシエラ ジムニー

まるで純正!JB64/74ジムニー専用電源増設ユニットの使い勝手デザインが素晴らしい

最近はスマホをはじめUSBでの充電機器が多いので、クルマにUSBポートを増設することは快適なカーライフのために必須である。

今回はカーメイトさんから発売されているジムニー専用の増設電源ユニットを購入したのだが、シガーソケット x 2、USBポート x 2になる上、専用設計なので見た目がジムニーインテリアにベストマッチ、まるで純正風の仕上がりである。

ちょっと値段が高いが、使い勝手とデザインを両立したジムニー乗りのための素晴らしいプロダクトでした。

 

 

購入したカーメイトNZ587 ジムニー専用増設電源ユニット

ジムニー乗りにはもはや定番アイテムではなかろうか。

(実はファミリーカーのハイエースでもカーメイトさんのハイエース専用の増設電源ユニットを使っている(笑))

 

電源周りはこんな感じ。純正ではシガーソケット 1つしかないが、シガーソケットx2、USBポートx2に増設。

 

固定方法は純正のシガーソケット に差し込むだけ(外れないように、両面テープの補助あり)

 

10Aのヒューズ付き(純正のシガーソケットにもヒューズついてるけどね)。

 

 

取り付けてみた

取り付けは至って簡単。

製品設計が上手いなと思ったのは、純正のシガーソケットカバーが増設電源ユニットのヒューズカバーになること。

小物入れにチラッと見えているのはAPIOのシフトパターンプレート。読むことはないので、完全なお飾りです(シフトノブをシフトパターン印字してないものに交換する場合、車検のために必要だけど)

 

 

48Rはこう使ってみた

さて、電源が増えたことだし、ワイヤレススマホ充電器とApple Watch充電器、USB-Cポートを増設した。

 

ANKERのUSB-Cポート。

USB-CはMacBook Proの充電や、その他の機器もUSB-C対応が多くなってきたので、最近は必須よね(つか、48Rは普通のUSBポートはもういらないくらい)。

 

クルマでは自動ホールドのワイヤレススマホ充電器が使いやすい。USBケーブルは25cmにするとピッタリで、ケーブルを束ねる必要もない。

Apple Watchの充電器はこんな感じだけど、オンロードを走っている限りは落ちることはない。

 

 

 

 

まとめ

値段はやや高いが、まるで純正風のフィッティングで満足度は高い。やはり車で長距離お出かけする場合、スマホなどの充電ができるとドライブは快適である。

とはいえ、最近のクルマは標準としてUSBポートが1,2個ついているのが標準。せめてジムニーにも、運転席周りにUSBポート1個は標準で欲しかったなぁと、ちょっと残念にはなりました。。。

(こういうところがSUZUKI。スイフトにもUSBポートついてないし、できるだけ安く車を作りたい企業気質が表れている)

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-JB74ジムニーシエラ, ジムニー
-, ,

© 2020 48rider.com