MTBやスノーボード遊びの記録。ハイエースDIYも更新中

48rider.com

ジムニー ジムニーJB23

JB23ジムニーに最適なドリンクホルダーは?色々使ってみたファイナルアンサーを書きます【独断と偏見】

JB23ジムニーを買って最初に不満が爆発したのがドリンクホルダーの位置。

サイドブレーキの後ろにあって、ドリンクが非常に取りにくく、もはや設計者が許せないレベル。

というわけで改善のため色々とドリンクホルダーを買ったのだが、良かったり悪かったりする点があって、最適な位置を見つけるのに非常の遠回りしてしまった。

今回はその顛末を記事にする。

 

 

ジムニー標準装備のドリンクホルダーは使いにくい

JB23ジムニーのドリンクホルダーはサイドブレーキの後ろにあって、非常にドリンクが取り出しにくい上、飲んだドリンクをまたホルダーに戻すのも至難の業である。

遠いだけでなく位置も後ろすぎて、手を伸ばせばとれるというわけではなく、肩の関節から後ろに向けないとドリンクまで手が伸びないのだ。

ドリンク飲んでほっとしたいのに、ドリンクに手を伸ばすたびに苦痛に感じるので、ジムニー買ってすぐにドリンクホルダーを注文した。

 

 

購入したドリンクホルダー

灰皿と入れ替えるスズキ純正ドリンクホルダー

最初に購入したドリンクホルダーがこれ。

ラパン純正のドリンクホルダーで、灰皿と入れ替えて装着する。

 

が、これはAT向け。MTだとけっこう邪魔になる。

まず、ドリンク取るのにシフトノブが邪魔。

 

シフトチェンジするときにドリンクが手に当たって邪魔。下の写真はローソンのホットコーヒーSサイズで、シフトポジションは1速。

小さいドリンクならなんとか。

 

続いて500ccのペットボトル。

シフトポジションは1速。握った状態でクリアランスがあるように見えるが、1速に入ったシフトノブを触りに行くのにいちいちペットボトルが当たるので小さくないストレスである。

 

ちなみに48Rのジムニーはクイックシフトを装着している。純正シフトならもっと当たるので、注意されたし!

シフト改善!JB23ジムニーにマスターピース"クイックシフト"を取り付け 〜ショートストローク化〜

ジムニーに乗り始めて気になったのがシフトのグニャグニャ感! 商用車じゃないんだから、もっとカッチリしたシフトフィールになってくれよ!!と、いうことで、評判の良いマスターピース製のクイックシフトをとりつ ...

続きを見る

 

 

あまり使わないとはいえ、2WD-4WD切り替えスイッチを塞いで邪魔。

ドリンクの底でスイッチを押すヒヤリも一度発生した。

 

そして小物入れとして使っていた灰皿を失ったことが非常に損失である。しかもこのドリンクホルダー、一度嵌めると簡単に外せない!

ドリンクホルダーが快適になるんと信じて、灰皿小物入れを諦めて買ったのに。。(涙)

 

AT車ならもっと使えると思うが、1速、3速でドリンクに当たるMT車には全くオススメしない。

そりゃ、MTでもドリンクに当たらないように気をつけてシフトチェンジすれば良いんだけど、運転を楽しみたい48Rにとって、運転の集中の妨げになるものは一切排除したいのだ。

ドリンクに気を使って運転の集中力削がれるのは、我慢ならない!

 

楽天レビューを読んでみるとMTでも便利と書いてる人がいるが、せっかく買ったし無理して使ってるだけで、心の中では泣いているかもしれない。

 

 

 

 

アピオ JB23ジムニー 用ドリンクホルダー

次に購入したのがアピオさんのJB23ジムニー 用のドリンクホルダー。

サイドブレーキとシフトレバーの間に設置。デッドスペースだし、ここに設置するアイデア自体は悪くないのだが、届いてみて価格のわりにホルダーのチャチさにチョイ落胆。

 

位置としては悪くない。手を下げれば自然と届く位置なので取り出し、置きも大きな不満はない。

 

ただし、ホルダーが低めなので、500ccのペットボトルだと結構傾く。

蓋のないカップドリンクは要注意。

 

カップホルダーの高さ以外は総じてまずまずの使用感で、普通に使えるドリンクホルダー。

というか、なぜ鈴木さんはなぜこの位置にドリンクホルダーを設置しなかったのか。。。

JB23前期はトランスファーのレバーがあるので仕方ないが、トランスファーがスイッチ式になった後期は型起こしてドリンクホルダー作って欲しかったぜよ(スズキはできるだけ安く車を作ろうとする企業体質だからねぇ)。

 

もっと安ければ買いなのに。

 

 

エアコン吹き出し口にセットするドリンクホルダー(カーメイトDZ374)

アピオのドリンクホルダーでしばらく使っていたのだが、ホットコーヒーをヒーターで保温したかったので、コイツを購入。

保温が目的だったのだが、使ってみてこの位置が一番使い勝手が良いことが判明(いままでのドリンクホルダーはなんだったのか)。

 

・ハンドルからドリンクが近い(手の移動が少ない)

・ドリンク取るのに視線を切る必要がない

 

この2 点のアドバンテージが大きすぎて、ホットコーヒーの保温以外にも、普通にドリンクもここが指定席。

 

さらに、このドリンクホルダーは爪によるドリンクカップホールド機能があって、小さいカップでもグラつかないのに500ccのペッドボトルも丸型、角形両方置けて、申し分ない使い勝手。

おまけに上記2つのドリンクホルダーよりはるかに安い。

 

この手のドリンクホルダーはエアコン吹き出し口形状との相性に左右されるが、JB23ジムニーには問題なく装着できて、最初からこれ買えば良かったと涙ちょちょ切れです。位置的には一番良い、圧倒的に良い。

 

欠点は一個だけあって、エアコンの吹き出し口が回転式なので、500ccのペットボトルなど背の高いドリンクを置いて激しく横Gがかかるとドリンクホルダーが回転してしまうこと。そういうときだけは、アピオドリンクホルダーに飲み物を移している。

 

48Rはクロスアドベンチャーの内装と相性の良いレッドを購入したが、シックなブラックもラインナップされている。

 

 

おまけ。安いエアコン吹き出し口ドリンクホルダー

白状すると、エアコン吹き出し口ドリンクホルダーも一度失敗していて、最初は安物を買ったのだが、背が低くてホールド機能もないのでイマイチだった。

これに懲りず、カーメイトDZ374を買い直して、本当に、本当に良かった。。

 

現在、このドリンクホルダーは、助手席で娘のじゃかりこ入れとして余生を過ごしている。

 

 

 

まとめ

48Rの独断と偏見で言わせてもらうが、エアコン吹き出し口につける汎用品ドリンクホルダーが一番使い勝手が良くて、財布にも優しい。

もし知り合いがJB23ジムニーを買うなら、最初からカーメイトDZ374一択と勧めます。

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-ジムニー, ジムニーJB23
-,

Copyright© 48rider.com , 2020 All Rights Reserved.