【ハイエース200系4型】購入4年目 3回目ディーラー車検の内容と費用内訳

投稿日:2018年7月25日 更新日:

ハイエースを購入して4年が経過。

いつものディーラーにて3回目の車検を受けてきたので、その内容と費用内訳を晒す!

4年目くらいだとほぼ不具合でないので、基本整備とちょっとした交換部品のみでした。

 

48Rの毎年、車検での整備内容と費用をまとめている記事はコチラ。

ハイエースの車検費用まとめ 〜新車購入から4年目までのディーラー車検費用を公開します〜

ハイエースを新車購入して4年が経過し、1年目点検と2年目以降3回の車検を受けてきたので、その費用と整備内容を公開します。 全てディーラーで車検を受けてます。 ハイエースの維持費の参考になれば幸いです。 ...

続きを見る

参考になれば幸いです。

 

ハイエースの状態

走行距離は64265km。特に不具合もなくエンジン絶好調。

4年目なのでややバッテリー電圧は低下気味だが(電圧計がついているので把握はしている)、夏場なので放置している。

バッテリーについては、高い純正バッテリーをディーラーで取り付けてもらうより、一般に売られている高性能バッテリーのほうが安価でバッテリー容量も大きくパワフル。

ディーゼルの寒冷地仕様の標準バッテリが「85D26R」に対して、パナソニックのCAOSは「125D26R」と1.5倍の性能だ。(「品番の最初の数字」が電力量、「D26」がサイズ、「R」が端子の位置)

 

48R号のバッテリーは、電圧がさらに下がる冬前に交換予定なので、今回の車検ではバッテリーについてはなにもしないことにした。

 

 

車検は新車購入したディーラーで

ディーラー車検は一般的には高めの料金設定だが、安い車検屋よりトヨタディーラーのほうが絶対ハイエースに詳しいし、整備のクオリティも高い。

長く乗りたいので、車を状態良く維持するための費用だと思ってディーラー車検にしている。

ディーラー車検は見積もりで色々な整備が盛り込まれて高くなりがちだが、本当に必要な整備のみ判断すればそれほど高くはならない。

お任せで車検に通すと、毎年のようにブレーキフルード交換だとか過剰整備になるのでご注意を。

基本的な考えとして、乗用車用途で使っているなら毎年交換整備が必要な項目はないと思う。乗用車は2年に1度の車検なのだから、ほとんどの部品は最低2年以上の交換サイクル良いかと思っている。

 

 

最終的な車検整備内容

今回は時間がなかったので、ちゃんとした見積もり書なし。

いきなり請求明細を公開する。

総費用は98,741円でした(赤のアンダーライン)。

内訳は、
・整備代金は54,071円
・法廷諸費用34,950円
・検査手続き代行料9,720円

 

それでは内容をねっとりと見ていきますか。

 

法定・諸費用

34,850円。

絶対払う金額だし、どこで受けても変わらなない費用。

 

検査代行料

9,720円。

去年と同額。

 

整備代金

合計で54,071円。

整備に打ち分けは次の通り。

 

12ヶ月法期点検

25,920円。

少々お高いが、不具合なくても点検はしっかりやってもらいたいので(不具合が出る前に対処してほしいので)整備ノウハウのあるトヨタディーラーに点検してもらう価値はあると思う。

 

 検査機器による測定検査料

10,800円。

いわゆる車検場ではなく、民間工場で車検を取るための測定の費用。

街の車検やだと7,000円〜10,000円程度。ディーラーはちょっと高い。

 

 

ブレーキメンテナンス&クリーニング

部品代3,456円 + 工賃1,044円 = 4,500円。

ブレーキ周りは綺麗にしておきたいので、毎年清掃をお願いしている。

ちなみに去年は、部品代15,12円 + 工賃2,311円 = 3,823円だった。今年は部品代が高くなっているが、工賃は安くなっている。どういう風に料金が決まっているのだろうか。

 

ちなみに、最初はブレーキフルード交換も車検整備に盛り込まれていたが、「去年交換しましたよね?」というと、「じゃあ必要ないですね。2年に一度で十分です」となった。

なにも言わなかったら、フルード交換もされてただろう(ちょいオコ)。

 

 

パーキングプレーキ調整

2,084円。

見積もりをちゃんとしなかったので、整備内容から外し忘れてた。去年もやったとこだし調子も良いし、そもそも1年で調整なんて必要ないと思う。普通車なんて、2年に1回の車検なのだから。

 

燃料フィルターの交換

部品代2,700円 + 工賃6,415円 = 9,115円。

点検の結果、フィルターが汚れていたので交換した。

ハイエースのインジェクターが詰まると修理代金はべらぼうに高く10万円〜20万円コース。予防整備ということで、早めの交換。

エンジンさえ元気なら、長く乗れるしね。

 

発煙筒交換

1,652円。

期限切れだと車検に通らないので、ディーラー購入。

これもちょっとミスった。ディーラーで買うと高いので、アマゾンで買うべき。

Prime会員なら送料無料で661円。千円近くも節約できたのに(悔し涙)。

ブログ読者様も、ディーラー車検前にぜひチェックしてみてください。発煙筒の期限は4年です。

 

 

内容としては以上。信頼のディーラー車検とはいえ、結構な出費で辛いところです。

 

 

まとめ

ディーラー車検で不要なものは極力省いて総額98,741円だった。

信頼のディーラー車検とはいえ、毎年この金額は辛くなってきたのが正直なところ(二人目産まれてこれから出費が増えるし)。

ハイエースは頑丈で頻繁に壊れる部品も少ないし、隔年で格安車検を使うのも手かもしれない。2年に1回ディーラーできちんと点検してもらえば十分とは思うところ。

来年は、安い車検屋さんも検討しよう。

 

48Rの毎年、車検での整備内容と費用をまとめている記事はコチラ。

ハイエースの車検費用まとめ 〜新車購入から4年目までのディーラー車検費用を公開します〜

ハイエースを新車購入して4年が経過し、1年目点検と2年目以降3回の車検を受けてきたので、その費用と整備内容を公開します。 全てディーラーで車検を受けてます。 ハイエースの維持費の参考になれば幸いです。 ...

続きを見る

参考になれば幸いです。

 

 

ディーラー車検より費用を抑えたいなら「そんなあなたにGoo車検」がオススメ。

メーカーと車種を選択するだけで車検料金を調べることができます。

ディーラーへ行く前に、比較用にまずはネットで車検見積もりをしてもらってはいかかでしょうか?

そのまま車検依頼することもできます。

 

 

 

 

ハイエースへの買い替えを検討しているなら、愛車の売却方法はお決まりですか?

高く売却したいなら、「45秒の簡単入力」で「無料査定」の一括査定サイトの利用がオススメです。

ブログ筆者48Rの場合、トヨタディーラーより40万円も高い査定額でした。

愛車の売却価格の確認はコチラから

ディーラーの査定だけだと、損しているかもしれませんよ。

 

注:9月は買取店の中間決算期なので、8~9月は買い取り価格も上昇傾向です。
中古車をたくさん販売して売り上げを伸ばしたいので、在庫をたくさん確保したいからです(他店との競争も働きます)。
思わぬ高額査定になるかもしれませんよ。

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々と記事書いてます。よろしければ、そちらもどうぞ。

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-
-

Copyright© 48rider.com , 2018 All Rights Reserved.