JB74ジムニーシエラ ジムニー

JB64/74ジムニーのコイル交換方法【JB74DIYメンテナンス】

JB23ジムニーのコイル交換方法の解説記事。

フロアジャッキとウマがあれば比較的簡単だが、重い車を持ち上げての作業なので、安全には十分注意してください。

 

 

JB64/74ジムニー コイル交換の注意点

コイルはホーシングにマウントされているのでホーシングを下げてコイルを抜く必要があるが、ホーシングには色々な配管がくっついているので、そのまま下げることはできない。

事前に下記のものを取り外す必要がある。

フロントホーシングを下げるために取り外すもの

①クロスメンバー

②ショック下側のマウント

③エアロッキングハブ配管

④ABS配管

⑤ブレーキホース(左右2箇所)

⑥スタビリンク

リアホーシングを下げるために取り外すもの

①ショック下側のマウント

②ブレーキホース(1箇所)

③ABS配管

④LEDヘッドライトのオートレベライザーセンサーステー(XC、JCグレードのみ)

これらを外すことなくホーシングを下げると、配管がつっぱって切れてしまったりステーが曲がったりするので、忘れずに取り外すこと!

 

 

JB64/74ジムニーのコイル交換方法

 

手順①ホイールナットを緩める

ジャッキアップ状態は不安定なので、力のいるホイールナットの緩め作業はタイヤが接地しているときに行う。

 

ちなみに、純正自由長+30mmくらいのリアコイルなら、リアタイヤは取り外し不要だ(ウマは高い位置で使う必要はあるが)。

 

 

手順②ジャッキアップしてウマをかける

ウマの掛け方については別記事でまとめているので、そちらを参照。

JB64/74ジムニーのジャッキアップ&ウマの掛け方【ジャッキアップポイント解説】

JB64/74ジムニーのジャッキアップ&ウマの掛け方を解説する。 ジャッキアップ&ウマはコイル交換やタイヤ交換に必須な作業なので、マスターしておくと何かと役立ちます。 もちろん、重い車を持ち上げる作業 ...

続きを見る

 

 

 

手順③フロント側:タイヤを外して車の下に敷く

ウマをかけたらフロントタイヤを外して、万が一ウマが外れた時の保険として、車の下に敷いておく。

 

手順④クロスメンバーを外す

クロスメンバーを外さないとプロペラシャフトがクロスメンバーに当たってホーシングが降りず、コイルを抜くことができない。

14mmのソケット&メガネレンチで取り外す。

(この作業はウマをかけてからの方が楽だが、個人的にウマをかけた車の下に潜り込むのは怖いので、少々大変だがジャッキアップ前に潜り込んで取り外した)

 

ちなみに、スプリングコンプレッサーを使うとクロスメンバーは外さなくても良いが、個人的にはクロスメンバーを外したほうが早いし楽だと思う。

 

 

手順⑤フロント側;ショックの下側マウントのボルトナットを外す

まず、ショックを外したときにホーシングが落ちないように、デフ玉をフロアジャッキで支えておく。

ショックマウントの下側のボルトナットを17mmのソケットとメガネレンチ外す。

(これもウマをかけたタイヤを外してからのほうが作業が楽だが、48Rはウマをかけて潜り込むのは怖いのでジャッキアップ前に緩め作業だけしている)

 

 

手順⑥フロント側:エアロッキングハブ配管のホース外しとABS配管ステーの取り外し

配管はデフの右側辺りを通っている。

 

エアロロッキングハブの配管は手で引っこ抜くだけでOK。

 

ABS配管は、ステーを10mmソケットで外すことでフリーになって、ホーシングを下げても突っ張らなくなる。

 

 

手順⑦フロント側:ブレーキホース固定の取り外し

ブレーキホースは固定部を外してフリーにする。

下画像の固定スペーサーにマイナスドライバーを当てて、プラハンで叩いて取り外す。

 

また、純正よりかなり長いコイルでホーシングをさらに下げる必要がある場合は、ブレーキキャリパーを取り外す。

下画像の黄丸部分の12mmボルトを抜くと取り外せる。

キャリパーを外す場合は、ホースの固定は外さなくてもOKだ。

 

S字フックを工具箱に忍ばせておくと、キャリパーの一時固定に便利(S字フックはわりと色々な場面で使える)。

 

 

手順⑧フロント側:スタビリンク下側を外す

ここも外しておかないと、ホーシングが下がらない。

14mmのソケットと、回り止めに裏側に14mmスパナを当てて取り外す。

 

 

手順⑨ホーシングを下げてコイルを取り外す

取り外すものを取り外したら、ゆっくりとフロアジャッキを下げて、コイルを取り外す。

 

ステーを外したABS配線は、コイルが抜けるくらいホーシングを下げてもこの余裕。

 

 

手順⑩フロント側:交換コイルの取り付け

コイルの取り付けは逆手順なので作業解説は省略して、注意点のみ記載する。

コイルの取り付けは位置が決まっていて、コイルベッドとコイル端を合わせて取り付けること。

 

また、ショックボルトを入れるときは、ショックを縮めるよりフロアジャッキでホーシングの高さを調整して入れたほうが簡単だ。

 

ちなみに、今回は津田レーシングの純正車高アイバッハコイルに変更した。

コレ、めちゃくちゃ良いです。

インプレ記事はこちら。

 

 

手順11.リア側:ショック下側のボルトナットを外す

17mmのソケット&メガネレンチでショック下側のボルトナットを外す。

 

 

 

手順12.リア側:ABS配管ステー&ブレーキホースの固定を外す

フロント同様、ABS配管がつっぱらないようデフ真上の10mmボルトで固定されているステーを外しておく。

 

次にブレーキホースの固定スペーサーをマイナスドライバーとプラハンで叩いて外す。

フリーすると、ホーシングを下げても突っ張らなくなる。

リア側のブレーキホースの固定外し作業はこの1箇所のみ。

 

手順13.リア側:オートレベライザーセンサーステーを取り外す(XC、JCグレードのみ)

LEDヘッドライトが搭載されているグレードはオートレベライザーがついている。

そのセンサーはリアのホーシングとボディに連結されて取り付けられているので、センサーの固定を外す必要がある。

10mmのボルトを外して、センサー下側をフリーにするだけでOKだ。

 

手順14.リア側:ホーシングを下げてコイルを抜く

ブレーキホースやABS配管のつっぱりに注意しながらゆっくりとホーシングを下げていき、コイルを抜く。

純正コイル程度の自由長なら、タイヤは外さずにコイル交換可能だ

 

リアはABS配管にあまり余裕がないので、ホーシングを下げすぎないよう細心の注意を。

また、もっとホーシングを下げたいときは、デフ右側あたりにあるブレーキホースの固定と、ABS配管ステーをもう一箇所取り外すともう少しホーシングを下げられ、自由長の長いコイルも入れることができる。

 

 

 

手順15.リア側:交換コイルの組み付け

フロントと注意点は同じなので、略。

 

 

コイル交換まとめ

JB64/74ジムニーになって、クロスメンバーやオートレベライザーなど、先代JB23ジムニーより取り外す部品が増えて少し大変になったが、3時間もあれば完了する作業内容です。

とはいえ、重い車を相手にするので、一にも二にもジャッキアップの安全確保。車の下敷きは洒落にならないので、十分注意してください。

 

他にも「JB23ジムニーカテゴリ」で色々ジムニー 記事書いてます。よろしければ、そちらの記事もどうぞ。









-JB74ジムニーシエラ, ジムニー
-, , ,

© 2021 48rider.com