MTBやスノーボード遊びの記録。ハイエースDIYも更新中

48rider.com

ハイエースのブログ記事

【128台調査】ハイエースのスタッドレスシェア調査(スキー場限定)

どこのスキー場の駐車場でも数多く見かけるハイエース。

ふと彼らはどんなタイヤを使っているのか気になったので、スキー場に遊びに行きがてら、毎回3,4台ずつ調査してシェア調査をしてみた。

はたして一番シェアが多いのはどこなのか?!

 

 

データ収集方法

今回はあえて母集団に偏りを持たせている。

街中でのハイエースのスタッドレスは調査せず、「スキー場駐車場のハイエース」または「スキー場に向かうであろうハイエース」限定で調査した。

つまり、我々ハイエースレジャーユーザーがどのスタッドレスを使っているのか、を調査目的にした。

 

というわけで、スキー場でも送迎用のハイエースは調査対象から除外している。

あくまで一般レジャーユースのみのデータとした。

 

 

ブリザック神話の検証

ブリヂストンによると「2台に1台はブリザック」と謳っているが、ブリザックは性能は良いものの、価格は高いし摩耗ライフも短めなので、「2台1台?そんあアホな!」と思っている(下の図は北海道検定のデータ)。

48Rの感覚的には他メーカーもそこそこ多いように感じている。

 

果たして結果は如何に!

 

 

調査結果

128台調査した結果がこちら。

どどん!

表だけだとわかりにくので、グラフにしてデータを整理する。

 

メーカー別

どどん!

おお、ブリヂストン多い!!

 

やはりブリザックは高いとはいえ、性能には定評があるので多く選ばれているようだ。

また、新車のハイエースのタイヤはブリヂストンとダンロップが半々で納入しているが、スタッドレスも同じメーカーにするなど、ブリヂストンを選択しやすい環境にあるのかもしれない。

2台に1台もいないやろ!と思っていてごめんね(ペコ)

 

その次にその他の国内メーカー(ダンロップ、ヨコハマ、トーヨー)が続き、海外メーカーはグッドイヤーはトーヨーを上回るシェアをみせるものの、ミシュランは少数派だった。そしてハンコックやナンカンなど、小規模海外メーカーはさらに少ない。

グッドイヤーは性能はあまり良いとは聞かないが、販売網が強い(取り扱い店舗が多い)ので、販売力でシェアが高いのかもしれない。

 

 

タイヤ銘柄別

どどん!(サイズ表記がない銘柄は純正と同じ195/80R16)

銘柄別にみると、ブリヂストンのVL1とダンロップのウインターマックス(バン用)がかなりのシェアを獲得している。両タイヤで全体の半分にも達する圧倒的シャアだ(ウインターマックスの詳細銘柄は、サイド表示が見にくいので割愛した、、、)

またブリザックはバン用のVL1以外にも乗用車用、SUV用など、幅広く選択されている傾向にある。

やはりバンのハイエースにVRXシリーズやDM-Vシリーズをわざわざ選んで装着するあたり、スタッドレスに関心が高く性能重視でブリヂストンを選んでいる人達と推測する。

 

48RもVRX、DM-Vシリーズは愛用している。

鬼グリップと高いドライ性能!最新スタッドレス ブリザックVRX2 215/65R16装着【ハイエースインチアップも】

今シーズンのスタッドレスはブリザックVRX2にした。 スタッドレスでは評判No.1のブリザックが、満を持して投入した2017/18年冬向けの新商品。 先シーズンまで履いていたブリザックのSUV用スタッ ...

続きを見る

ハイエースに最新SUVスタッドレス!ブリザックDM-V3 215/70R16インプレッション

ハイエースのスタッドレスを履き替えました。 去年まではブリヂストンの最新乗用車用スタッドレス「VRX2」を2シーズン履いて、今シーズンからは同じくブリヂストンの最新SUV用スタッドレス「DM-V3」を ...

続きを見る

 

 

サイズ別

どどん!

サイズ別でみると、87%が純正と同じ「195/80R15」。

インチアップしてサイズ変更しているのはVRXシリーズやDM-Vシリーズを装着しているユーザーくらいで、全体からみれば少数派だった。

 

個人的には17インチのバン用スタッドレス、ナンカンSNC-1 215/60R17がカッコよかった!(これは荷重指数が足りているので車検に通る)

 

48Rはその昔215/80R15をつけていたのだが、今回の調査では発見できなかった。新車で215/80R15の車種がなくなったので、そもそも最新スタッドレスではサイズランナップされてないのが原因だろう(大昔のデリカがこのサイズ)。

タイヤ外径が純正より45mmも大きくなって迫力あるのと、大径タイヤの走破性が良かったんだけどね。

 

 

まとめ

2台に1台?そんあアホな!とか思っていたのだが、実際調査してみると、母集団を「スノーレジャーのハイエース」と超限定しているとはいえ、ほぼ半数近くがブリヂストン ブリザックという結果になった。

やはりブリザックは効きが良いという評判は伊達じゃなく、多少BSの価格は高いとはいえ、それでも購入するくらいの商品訴求力や実績の積み重ねなのだろう。

今回の調査はなかなか興味深い結果と、噂の検証ができて楽しかったです。

 

48Rはスキー場行く回数が多く、データ集めにさほど苦労しないので、来年もやろうかな(笑)

 

*注意:あくまで長野県のスキー場限定のデータであり、日本のハイエーススタッドレスタイヤシェアを表すデータではありません。

 

 

 

 

全データ

メーカー 銘柄 サイズ 集計数
銘柄別 メーカー別
BS ブリザックVL1 195/80R15 36 54
Revo969 195/80R15 4
VRX2 215/70R15 215/70R15 1
VRX2 215/65R16 215/65R16 1
VRX 215/65R16 215/65R16 3
Revo2 215/70R15 215/70R15 2
Revo1 195/80R15 1
DM-V3 215/70R16 215/70R16 1
DM-V2 195/80R15 195/80R15 1
DM-V2 215/70R16 215/70R16 1
DM-V1 195/80R15 195/80R15 1
DM-V1 215/65R16 215/65R16 2
Du ウインターマックス 195/80R15 24 24
Yo アイスガードG075 195/80R15 6 27
アイスガードIG91 195/80R15 13
SY01V 195/80R15 4
ジオランダーI/TS 215/65R16 215/65R16 3
ジオランダーI/TS 215/70R16 215/70R16 1
Toyo delvex 195/80R15 7 7
GY ICENAVI CARGO 195/80R15 10 10
Mi Agilis X-ICE 195/80R15 1 2
X-ICE 3+ 215/65R16 215/65R16 1
hankoc RW06 195/80R15 2 2
ナンカン SNC-1 215/60R17 215/60R17 1 2
SNC-1 195/80R15 1
合計 128 128

 

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-ハイエースのブログ記事
-,

Copyright© 48rider.com , 2020 All Rights Reserved.