自転車

MONDRAKER DUNE CARBON に乗り換え!アルミDUNEからカーボンDUNEへ♪カーボンフルサスエンデューロ最高です。

投稿日:2019年10月17日 更新日:

2017年に購入していたのだが、今更に愛車紹介。

以前はアルミフレームのDUNEに乗っていたのだが、カーボンフレームのDUNEの同じサイズがヤフオクに出品(フレーム、フォーク、ステム、ハンドル付き)されていたのと、2017年末は仮想通貨バブルで一山当てた勢いで購入した。

今となってはフレームはブースト規格じゃなかったり、リアサスはトラニオンマウントでもなく古臭さもあるのだが、自分のような月一MTB乗りには、そこまで性能にこだわる必要もないだろう。

Mondrakerが提唱したゼロフォワードジオメトリーは旧規格のフレームだろうが十分恩恵があって、素人が乗っても安定して走れます。

パーツもけっこう自分好みで組んだので、

 

 

カーボンDUNEとアルミDUNEで乗り味は?

カーボンはよく衝撃吸収性が良いと言われるが、それよりも乗って一番違いを感じたのは、リアサスのリンクの動きの良さ。

非常にリンク周りのフレーム剛性がカッチリしている印象で、とにかくリアトライアングルが路面からの入力に対して素直に動いてくれる。おそらく、フレームの捻じれやヨレが小さく、リアサスにまっすぐ力が加わるようになったからだろう。ちなみにリアユニットがFOX DPSからFOX DHX2に変更になったのだが、リアトライアングルの動きの良さは、サスではなくフレームによるものと感じている。それくらい、フレームの剛性感の高さを感じているのだ。

なるほど、最新のMTB規格だとリアサスはトラニオンマウントでリンク周りの剛性を高めているが、リンク周りの剛性アップはまさに正常進化と言うべき方向性なのだろう。

よく言われるカーボンフレームの衝撃吸収の良さに関しては、ほとんど違いが分からない。まあサスペンションがないロードバイクやハードテイルと違い、フルサスは前後サスペンションがほとんどの衝撃吸収の仕事をしているので、フレーム自体の衝撃吸収性はそれほど影響しないものと推測される。

 

48RのアルミDUNEの記事はこちら。

27.5インチエンデューロバイク!Mondraker DUNEを導入 ~常設コースから里山トレイルに~

ついに!ついに!ついに! ずっと欲しかったトレイルでも使えるバイクを購入した。Mondraker DUNE様〜   ここ2年はダウンヒルバイク一台での自転車ライフだった。 スピードを競うレー ...

続きを見る

 

 

DUNE のジオメトリーに関して(オルタネイトオフセットとの組み合わせ)

カーボンとアルミでジオメトリーは同一だが、カーボンDUNEにはオルタネイトオフセット(オフセットが小さい)を装着した。

具体的にはオフセットが短くなることで「トレールが増加」して、「フロントタイヤが手前(ホイールベースが短くなる)」になる。

理論的にはフロントタイヤが近づくのでFr荷重が増えてグリップ増加、トレールが増えるので安定性は向上(ハンドルの復元力が増える)する。一方でトレールが増加することでハンドル操作は重くなる(復元力が強いので)。

 

で、インプレなのだが、フォークのオフセット以外にリムがワイドになったりフォークがFOX GRIP2になったりで、どれが効いているのか正直わからないが、チャリはめっちゃ良くなってる!!!

 

ワイドリム、FOX GRIP2ダンパー、オルタネイトオフセットフォークの組み合わせはフロントのグリップと安定感が素晴らしく、フロントタイヤが遠心力をがっつり受け止めてくれるので、安心してコーナーに飛び込める。コーナー進入がすぱすぱ決まって楽しい!

まあ、グリップが上がったとはいえ、調子こいて限界を超えるとコケるのは変わらないのであしからず(乗り換えてから少なくとも6回はフロントからこけてます。こけないチャリはない!)。

 

また、安定度が上がったとはいえ、それは前のアルミDUNE対比での話。ダウンヒルバイクに乗った仲間と走ると、富士見のCコースやAコースくらいならそれほど遅れをとらないが、Bコースの荒れた区間やAダッシュなんかを走るとさすがにチャリの安定度がネックになり遅れだす。

 

とはいえ、現状ガレ場以外はかなり走りやすいバイクに仕上がっており、満足度は高杉君。

パーツもほぼ自分が欲しいパーツで組んだので、乗り換え欲はおろか、パーツ買い替えたい欲もほとんどなく、非常に楽しく乗っております。

最新のDUNEはブースト規格だったりトラニオンマウントだったりするのだが、今の性能で満足しまくりなので、うん十万だしてフレーム入れ替える気も全然起きないしね(最初から100%満足度でバイク組んだほうが安上がり説)。

 

 

パーツリスト

CARBON DUNEはこんな感じで。

スプロケ、サドルはアルミDUNEから引き継ぎだが、それ以外は欲しいパーツで組んでみた。

クワハラハブ+ibis738ワイドリムは地味におススメです。

12速化はせず11速だが、ゲレンデ使用が90%の自分にはほとんど関係ない

Frame 2016 Dune 27´5 Stealth Full Carbon Zero Suspension System FG 160mm
Rear Shock 2018 Fox DHX2 2Pos Lever Factory Kashima SLS Spring 215x63.5mm
Fork 2019 36 FLOAT27.5 170 Grip2 HL/C-R Blk 15QRx110 37mm オルタネイトオフセット
Headset CRIS KING
Stem RACE FACE 35 32mm reach
Handlebar CROMAG BZA CARBON 35mm 770mm幅カット
Grips ANVL Lock-On Grip
Seatpost OneUp components Dropper post V1
Saddle SDG Circuit MTN
Brakes MAGRA MT7 HC3 lever  Front Xon 200mm   Rear Xon 180mm 
Rims ibis 738 内幅35mm
Hubs Front: kuwahara diavolo V2  boost 15x110, Rear: kuwahara diavolo V2 12x142 XD 1x11
Tyres Schwalbe MAGIC MARRY Super Gravity TL EASY, 27.5x2.35
Crankset FORMOSA CARBON CRANK  + OneUp components oval ring 28T 
Bottom Bracket FORMOSA BSA
Chain Sram PCX1 11 Speed
Rear Derailleur shimano XT 
Shifters shimano XT 11 Speed
Cassette e thirteen TRS+ 9-44T
pedal FLV flat pedal









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

  • この記事を書いた人

48rider

MTBやスノーボードなどのアウトドアが趣味で、週末は山に出没しております。ハイエースいじりも大好きで、DIYネタを中心に更新中。

-自転車
-

Copyright© 48rider.com , 2019 All Rights Reserved.