MTBやスノーボード遊びの記録。ハイエースDIYも更新中

48rider.com

ジムニー ジムニーJB23

ジムニーのサイドスカッフプレートをカーボン風に!ステンレス食刻加工がカッコいいJB23カスタム

食刻加工というのはご存知だろうか?

金属表面に模様を加工する技術なのだが、ステンレス表面にまるでカーボンのような模様をつけられて、とてもカッコ良い!

今回はマイジムニーの割れたサイドスカッフプレートを補修するため、カーボン調食刻加工のサイドスカッフプレートを導入した。

割れを隠せただけでなく、ぱっと見はリアルカーボンパーツに見えるルックスは申し分ないクオリティだ。

 

 

食刻加工とは?

Wikiより抜粋。

エッチング(英: Etching)または食刻(しょっこく)とは、化学薬品などの腐食作用を利用した塑形ないし表面加工の技法。使用する素材表面の必要部分にのみ(防錆レジスト処理を施し、腐食剤によって不要部分を溶解侵食・食刻することで目的形状のものを得る。

銅版による版画・印刷技法として発展してきた歴史が長いため、亜鉛などの金属加工に用いられることが多いが、腐食性のあるものであれば様々な素材の塑形・表面加工に応用可能である。

金属の試験片をナイタール(エタノールと硝酸の混合液)などの腐食液によって表面を腐食することで、金属組織の観察や検査などに用いられている。

要は塗装やラッピングと違い、金属表面に直接加工しているので、剥げる心配がない。金属が擦り切れるくらいまでは表面加工を保つことができるのだ。

 

今回はJB23ジムニー用に、カーボン調の食刻加工が施されたステンレス製のサイドスカッフプレートを購入した。

両面テープで固定するだけの簡単取り付け。

 

え、なんでこんなの買ったって?

なんども雑にサイドスカッフプレート外したりしているので、割れてしまったからなのですよ。。。(涙)

 

 

 

取り付けとめちゃくちゃカッコ良くなったサイドスカッフ

取り付けは両面テープが最初からセットされているので、超簡単。まずは表面保護フィルムを外す。

 

 

丁寧にクリーニングペーパーも付属しているので、これでサイドスカッフプレートを綺麗にする。

 

あとは裏側に最初からセットされている両面テープで、純正サイドスカッフプレートの上に貼り付けるだけ。

作業時間は5分程度。

 

こんな感じになりました。

ぱっと見、リアルカーボンパーツ!

とてもステンレスには見えないよね。食刻加工の繊細かつ規則正しいカーボン模様に舌を巻く。

 

 

まとめ

これ、5.,480円程度だし、PayPayキャンベーンで購入したので、実質5,000円以下で購入できた。

この価格でリアルカーボンに見えるルックスは素晴らしいの一言。見るたびに満足感に浸る筆者48Rなのであった(笑)

 

今回は割れたサイドスカッフプレートの補修的な目的で購入したが、ドレスアップ目的でも十分に満足できるコストパフォーマンスで、JB23乗りの諸兄にお勧めできる商品です。

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-ジムニー, ジムニーJB23
-, ,

Copyright© 48rider.com , 2020 All Rights Reserved.