自転車

ヒッチサイクルキャリアは最高です! 〜Yakima Hold Up 2購入〜【ハイエース200系カスタム】

投稿日:2015年8月4日 更新日:

ついに念願のヒッチサイクルキャリアを導入。

今回はその購入動機やインプレッションについて書いてみる。

結論を先にいうと、もうね、最高ですよ!

 

ヒッチサイクルキャリアを購入

マイハイエースに、念願のヒッチを取り付けたのでヒッチキャリアを導入。

選んだのはアメリカで人気らしい?のYakima Hold Up 2という製品。

ダウンヒルバイクのような重量車でも安心なタイヤで車体を固定するタイプね。

チャリンコを分解する必要なく、慣れれば1分もかからず固定完了!

うひひ、めっちゃ便利!

一方、同じヒッチキャリアでもトップチューブで固定するタイプのヒッチキャリアの場合値段は安いもののバイクが振られやすいので、重量車には向かんとです。こういうキャリアの場合、重量級のDHバイクだと、トップチューブ支持だけでは不安。ブレーキや加速で揺れてガチャガチャしてしまう。

さらにフルサス車はトップチューブの形が特殊なのが多いから、フレームによっては使えないデメリットもあり。

やはり、タイヤで固定するタイプのほうが、チャリを選ばず使いやすい

で、選択肢はタイヤで固定するタイプからなんだけど
(初心者目線ながら)富士見で観察すると次の3社がメジャーどころっぽい。

・Yakima Hold UP
・Kuat NV
・Thule (種類は色々あるみたい)

48RのチョイスはYakima。

理由は他に比べ、圧倒的に安いお値段(笑)

yakimaも5万近くして、高けーよ!!って声が聞こえてきそうだけど他は10万円クラスじゃけいの。。

ま、yakimaも海外で売れてるっぽく、レビューも豊富だし、評判も悪くないし富士見の駐車場なんかでも良く見かけるし、安くても問題ないでしょー

実際使ってみると安いなりに?少なからず欠点はあるものの
ほぼ目的は果たしているので満足ではあります。

Yakima Hold UP レビュー

組み立ててチャリンコ乗せた図。


ところで、こいつは陽気な大陸の人たちが作るメリケンプロダクツ。
スプリットボードの某V社のように大ざっぱな作りで多少の手入れが必要なことは覚悟したけどあっけないほど簡単に組み立てられた。

某のように、バリが出てたり、穴の位置がずれてて要修正というようなこともなし。

ま、ボルトのトルク指定してるわりには、付属工具は100均工具並みだったり使わない部品が同梱されてたり、ツッコミどころはあるんだけども。

ハイエースはリアゲートが垂直なので、車体に近い側のポジションだと窓にハンドルバーが接触。
載せられないことはないけど、傷防止でハンドルに軍手被せたり、ちと面倒。
ちなみに、48R号のハンドル幅は800mm。
市場では最もハンドル幅広い部類なので、一応どんなチャリンコでもハイエースで前ポジで載せられると思うよ。

他の車種だとリアゲートが寝ているので、まず当たらないでしょう。

固定は超簡単。

フロントタイヤをアームで固定して(スライドさせるだけ)

リアタイヤをストラップで締めると完了。ストラップはスノーボードのバインディングのようにラチェット式。

1分足らず。簡単!

ちなみに、フロントタイヤを固定するアームに、ワイヤーロックが標準装備。

リアゲートを開けるため、チルト機能もあり。

が、ハイエースとは相性悪く、車体どころか、キャリアに干渉して10cm程度しか開かず。
(チルトすることで、メインフレームの先端がちょっと上がるので。。)

リアゲートが開けられるのは、チャリ下ろして、「チルトなし」ポジだけという。。

ほんのちょっと干渉しているだけなので、ヒッチとの相性もありそうだけどね。
(キャリア位置があと2cm後ろなら。。。)

ま、ハイエースの場合、キャリアと干渉しなくても
馬鹿でかいリアゲートが次はハンドルにヒットすることでしょう。

普通のステーションワゴンなんかだと、問題なくチルトしてリアゲートが開くようだ。

他にもちょっと欠点があって、チャリンコの搭載位置のセンターを調整できるんだけど、調整幅が狭く48R号はセンターが出しきれず。具体的にいうと、前に積んだ場合、右側のほうがタイヤが車体よりはみ出すことになる。

実用上はあまり門がいないが、片側は大きくはみ出して見えるので、警察にいちゃもんつけられるかもしれん。ま、自己責任自己責任。

使わないときは上に跳ね上げることでコンパクトに。
キャリア出してると、全長がバカ長くて、駐車場が面倒なのよね。畳むとそれほど気にならんです。

ナンバープレート見えないので、キャリアに自分のナンバーのステッカーでも貼らな。。

あ、そうそう、チャリンコ積んだ状態では駐車がかなり面倒よ。
バックカメラも死ぬし、ソナーも鳴りっぱなしだし
全長も後ろに伸びるし、幅もチャリンコのほうが車体より幅が広いし
マイナス要素がいっぱい!
車止めにあたるまでバックすると、後ろの車や壁に当たるし、手前で止めると車体前部が飛び出す。

駐車場所、選びます。

幸い我が家の地下駐車場は後ろにスペースが大きくとってあるので車止めの当たった状態でキャリアも大丈夫だし、リアゲート開閉もギリギリオッケー。
これは本当にラッキー。

その他、富士見や白馬に行く分にはそれほど苦労しないけど、ショッピングセンターや飲食店に寄るのは不便です。

 

どうでも良い機能のひとつに、ヒッチになぜか栓抜きが付いている。

IMG_5052

アメリカンジョーク?

これを使う日はあるのだろうか。

使ってみてのざっくりとした感想はこんな感じ。

購入して、ほんとシアワセです。

後半はつらつら欠点も書いたけど、全体的にみれば超簡単にバイクを積めるし、外積みだと車内も汚れないし、車内空間も有効に使えるしで、メリットもたくさん。

もうね、ヒッチキャリアなしの自転車ライフは考えられんです!

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-自転車,
-,

Copyright© 48rider.com , 2016 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.