JB74ジムニーシエラ ジムニー

JB64/JB74ジムニーの運転席/助手席シートの外し方

JB64/JB74ジムニーの運転席/助手席の外し方解説。

シート交換や運転席下にサブウーファーを設置したり、フロア下のデッドニングに運転席の取り外しが必要です。

 

 

運転席/助手席の外し方

助手席も外し方は同じなので、運転席を例にして解説する。

 

必要工具

  • ラチェットハンドル
  • 10mmソケット
  • T40トルクスソケット

メーカーはユーザーにあまり触ってほしくない部分にトルクスボルトを使ったりする。

運転席もトルクス固定であまり使わないT40というサイズなので、事前に工具は準備しておこう。

 

 

手順⓪バッテリーのマイナス端子の取り外し

運転席/助手席に内蔵されたSRSサイドエアバッグの誤爆を防ぐため、バッテリーのマイナス端子は外しておく。

ジムニーのバッテリはボンネットを開けて左側(車体右側)にある。 10mmソケットでマイナス端子のターミナルを緩めて外す。

バッテリーを外すと時計がリセットされたりカーナビのメモリに影響がでるかもしれないので、48Rはカーメイトのメモリーキーパーで保護している。

OBD2アダプタから、メモリ保護に必要な電力を供給するパーツ。

 

手順①シートレールの固定ボルト(T40)を外す

シートレール端のT40トルクスボルトを取り外す。

 

手順②シートのカプラーを2つ外す

シートヒーターやサイドエアバッグ兼着座センサーのカプラーを取り外す。

 

カプラーを外せば、あとはシートを持ち上げて取り外すだけだ。

 

手順③取り付けについて

取り付けについては取り外しと逆手順に進めるだけなので、とくに難しくない。

T40ボルトの指定トルクは23N·mとなっている。

 

 

まとめ

シート交換や運転席下にサブウーファーなどの配線を通し、フロア下のデッドニングなどにシートの取り外しが必要になります。

簡単な作業だが、T40のトルクスソケットというあまり使わない工具が必要になるので、作業するときに工具がない!ってならないよう事前準備は怠りなく。

 

 

他にも「JB74ジムニーシエラ」タグで色々ジムニー 記事書いてます。よろしければ、そちらの記事もどうぞ。









Pick Up

1

ジムニーのシフトレバーの前にあるトレイってめちゃくちゃ小さくてハイチュウ入れくらいの使い道しかなかったのだが、この使いにく純正トレイを大型トレイに入れ替えてみたら、普通の二つ折り財布も置くことができて ...

2

ジムニーの空気圧について、サイズアップしたり特にLT規格のタイヤを装着したときの空気圧について悩んでいる人も多いかと思う。 ジムニーの指定空気圧は180kPaなのだが、サイズアップしたタイヤの指定空気 ...

-JB74ジムニーシエラ, ジムニー
-,