道具ネタ

スノーボードのアングル調整に超便利な「電ドラボール」レビュー【ベッセル電動USB充電ドライバー】

どうも、最近スタンサー計測してからスタンス沼にハマっている48Rです。

今回はアングル調整にめちゃくちゃ便利なベッセルの電動ドライバー「電ドラボール」のご紹介。

バイディングのネジを驚くほど簡単に緩めたり締めたりできるので、作業がめちゃくちゃ捗ります。

 

 

ベッセルのUSB充電「電ドラボール」を購入

今回はベッセルさんからリリースされている「電ドラボール」を購入。

電動ドライバーというとちょっと大きなガングリップタイプのものを想像するが、これは驚くことに普通のドライバーと同じサイズ。

手のひらサイズのグリップの中に、モーターやバッテリーが詰め込まれているのだ。

 

グリップの形状もしっかりと握れるし、スイッチの位置も悪くない。スイッチは前後に動かすことで正転と逆転を選ぶことができる。

小さなLEDライトもついているので、薄暗い場所でも作業がしやすい。

 

充電はUSB-A端子。

スマホ、モバイルバッテリ、カメラなどでも使われている世界で一番ポピュラーな端子形状なので、充電に困らないし、いちいち充電機器を持ち運ぶ必要もない。

実はマキタやボッシュの本格的な電動ドライバーももっているのだが、マキタは専用バッテリーと専用充電器、ボッシュは専用の充電スタンドが必要なので、持ち運びにはすこぶる不便。

その点、USB充電なのはありがたい。これが専用充電器や単三電池とかだったら、けっこうなマイナス評価をつけていただろう。

 

 

先端のドライバーブレードは付属しているが、48Rは2番と3番のドライバー両頭ブレードを別に購入した。

スノーボードのバインは3番ドライバーだし、ストラップやラチェットのネジは2番ドライバーなので、これさえあれば1本のドライバーブレードでほぼ全ての調整作業を網羅できるからだ。

 

 

使用レビュー

まずは動画から見て頂こう(クリックして動画スタート)。

おどろくほど簡単にバインのネジを外せた!

締め付けトルクが弱いので、最初の緩めだけ手動だが、グリップ形状が良いので45°ほど手動で緩めたらドライバーを持ち替えたりネジに当て直したりすることなく、すかさずスイッチオン!あっという間にネジを取り外すことができた。

ネジの取り付けも同様だ。

電動で締めこんで、最後に手首だけ食いっと45°ほど回転させれば本締めOK。非常に楽ちん。

使用時間も、試乗会に持ち込んで、知り合い分も含めて10セットくらい交換しても問題なし。

その後充電せずに1か月くらい使用しているが、全く問題なし。

一般ユースでこれくらい使えたら十分すぎる。

 

 

まとめ:スノーボーダーなら一家に一台

緩め、本締めは手動、早回しは電動という使い方が便利。

バインのネジの取り付けがめんどくさいと思っているなら、絶対買ったほうが良い!

これ一本あると驚くほど作業が楽になるし、簡単にネジを取り外せるので、めんどくさがらずにスタンス調整しようって気持ちになりますよ(スタンス沼)。

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-道具ネタ

Copyright© 48rider.com , 2020 All Rights Reserved.