ジムニー ジムニーJB23

JB23ジムニー ヘッドライトにLEDバルブを装着する

JB23ジムニーのヘッドライトって、今どきのLEDライトに比べるとめちゃくちゃ暗い。

先日、助手席に座っている娘から、「お父さん、ライトついてる?」といわれる始末。。。街灯の明かりに埋れてジムニーのヘッドライトが光っているかわからないのだ。

ヘッドライトの明るさは夜間ドライブの快適性はもちろんのこと、安全性にも大きくかかわるので、今回はバルブをLED化して明るさ改善を狙ってみた。

予算の都合で6千円程度の格安LEDバルブを購入したのだが(有名どころのIPFなら2万円コース。今回は節約する)、純正ハロゲンより十分明るくて夜の運転がずいぶんと楽になった。

安物なのであとは耐久性だけが心配だが、今のところこの価格でこの明るさなら大満足です。

 

 

LEDヘッドライトのメリット

純正に採用されているハロゲンバルブに比べると、LEDバルブには大きなアドバンテージがある。

LEDバルブのメリット

①省電力

②熱がでない

③長寿命

 

特にヘッドライトは消費電力が大きいので、LED化することで大きく消費電力をさげることができるし、バッテリー負荷低減にもなるのでわずかながらでもバッテリー寿命も延びるだろう。

③の長寿命に関してはLED素子に関してはハロゲンランプのようなフィラメント切れがなく長寿命なのだが、今回購入したのは格安バルブなので断線やコントローラーなどの不具合については心配している。。

ま、6千円程度なので、安物買いの銭失いになるのか、はたまたお買い得品になるか、どっちに転んでもブログネタとして成仏できるので、結果オーライの精神でトライである(耐久性報告のため、年イチでバルブの状態は本記事で報告する)。

 

唯一のデメリットは価格なのだが、ここ最近は中華バルブが安く出回ってきたので一昔前よりはずいぶんと購入しやすくなった。

 

 

購入したLEDバルブ

JB23のヘッドライトバルブはH4である。

今回は格安バルブ狙いということもあり、楽天レビューも参考にしつつ低価格帯から良さげなLEDバルブを選んだ。

見た感じ、造りは悪くない。楽天レビューも100件で平均4.5点くらいあるし、2点、1点のクソ評価もないのでまずまずかな。

 

ちなみに1年保証もついているので、初期不良でも交換対応してもらえるのはありがたい。

 

 

本当はLEDバルブでは定番のIPFバルブが欲しいところなのだが、お値段2万円なり。他にも欲しいジムニーパーツありまくりなので、バルブについては格安品でガマンすることにした(新車のジムニーならIPF付けたいが、マイジムニーは旧型だし中古車だしで、あんまり高いパーツをつけてもなぁ、、という思いもある)。

 

 

 

 

取り付け方法

 

JB23ジムニーのヘッドライト裏はけっこうスペースがあるので、とても作業性が良い。

DIY初心者でもトライできる内容だ。

 

必要工具

・ニッパー(タイラップ切るだけ)

ほとんど工具を必要としない。なんならタイラップ切らなければ工具の必要なし。

 

手順①純正H4バルブの取り外し

まずはエアクリのダクトを抜いて作業スペース確保。これは引っ張ると簡単に抜ける。

 

ヘッドライトバルブのコネクタは刺さっているだけなので、まっすぐ後ろに引き抜けばOK。下の画像は左ヘッドライトを裏から見た構図だ。

 

続いてヘッドライトの防水カバーも引き抜く。

 

バルブ本体は金具で押さえられているだけなので、下の画像の黄色矢印部の引っ掛けを解除すれば外せる。

はい、取り外し完了。

 

手順②LEDバルブの取り付け

LEDバルブを取り付ける前に、コントローラーとヒートシンクは取り外しておく。

 

バルブと台座は回転してカットオフの角度を調整することができる。JB23の場合は説明書通り下の画像の位置に合わせる(というか、最初からこの位置になってた)。

 

LEDバルブの固定は純正同様、金具で固定。

 

純正の防水カバーを再利用。このカバー、下側にちゃんと水抜きの穴もあるのね。

 

防水カバーをつけたら最後にヒートシンクを取り付ける。

バルブの固定は完了。

 

 

手順③配線作業

配線といってもカプラーオンなので超簡単。

純正配線とLEDバルブの間にコントローラーを接続するだけ。

 

コントローラーはヘッドライト内側のボディ鉄板にタイラップで固定した。

 

 

右ヘッドライトも同様にヘッドライト内側の鉄板に固定。こちらは付属のタイラップだけでは長さが足りなかったので、手持ちのタイラップ追加で対応。

 

これにて完成!

 

まとめ

LED明るさレビュー

LEDらしく、光が白くなった!

エルボー点やカットオフラインもバッチリ。

 

交換して初めての夜間走行。

おお、かなり明るくなった!!

以前は街中の街頭の明かりに埋もれて自分の車のヘッドライトが点いてんだか消えてるんだか状態だったのだが、LEDにしてからはちゃんと前方を照らしている感が出ている。

絶対的な明るさとしては純正LEDヘッドライトのハイエースよりは暗いのだが、それでもJB23純正のハロゲンランプに比べるとかなり改善できて、随分と夜間ドライブが楽になった。

ただ、欠点もあって、LEDにしてからやや光にムラができてしまった。この点に関しては純正ハロゲンのほうが均一に照らしている(暗いけど)。

 

またH4バルブはHi-Low切り替え式のため、ハイビームのLED化された。パッシングもキレキレでこちらも満足。

 

懸案の耐久性はこれから年イチで本記事を更新する。ハイエースのフォグにつけている中華LEDバルブは4年目突入なので、安くても長く使えるものもあるので、一応期待はしている。

 

 

 

 

次回はポジションバルブ?

ヘッドライトをLED化して気になったのがポジション灯が純正の電球のままということ。

色味が全然違うので、ポジション灯も同時にLED化すれば良かったぜよ(それとヘッドライトも磨かなあかんね)。

 

 

 









data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

  • この記事を書いた人

48rider

MTBやスノーボードなどのアウトドアが趣味で、週末は山に出没しております。ハイエースいじりも大好きで、DIYネタを中心に更新中。

-ジムニー, ジムニーJB23
-, ,

Copyright© 48rider.com , 2019 All Rights Reserved.