ハイエース200系 ライト系カスタム電球交換方法まとめ!【LED&ハロゲン化&光軸調整etc】

投稿日:2017年7月18日 更新日:

ハイエース200系のライトについてはいろいろ変更してきたので、まとめ記事を一発。

ライト系のカスタムは、基本バルブ交換のみ。ナビやオーディオ変更などに比べると配線作業などがないので、2ランクくらい簡単な作業です。

数千円程度の費用で、見た目も変わるし効果も感じやすく(かなり明るくなる)、DIY初心者にも入りやすいカスタムです。

 

 

ポジションランプのLED化

せっかくオプションでヘッドライトをLEDにしたのに、黄ばんだポジションランプの電球色は嫌だ!ということでLEDに交換。

10分作業でポジションランプをLED化!〜ハイエース200系DIY電球交換〜

ハイエースの電球交換カスタム、今回はポジションランプをLED化してみた。 タイトル通り、作業時間10分、工具なしで出来るお手軽DIYカスタムです。 何が嬉しいって、純正オプションのLEDライトと同じ青 ...

費用3000円。

ボンネット開けるだけで交換できるし安いので、まずはとっつきやすいところ。

点灯時間が長いポジションランプの消費電力も抑えらえるので、オルタネーターにも優しくなる。

 

 

フォグランプのLED化

これまた色合わせがしたくて、純正電球の黄ばんだ色からLEDの蒼白色に変更。

また、ハイエースは3型後期からフォグランプがめちゃくちゃ暗いのだが、明るいLEDバルブに変更して笑っちゃうくらい明るくなった。(超嬉しい)

夜間の視界が激変!見えるって素晴らしい。

フォグランプの LED化 〜超明るいハイエース200系DIYカスタムフォグランプ交換〜

フォグランプを明るいLEDに交換したいけど、種類が多すぎてどれが良いか迷ってませんか? 今回楽天で購入したLEDバルブは5980円と安価ながら、簡単取り付けでびっくりするくらい明るくなるオススメカスタ ...

費用6000円。

これまた簡単作業。

ヘッドライトとポジションランプとフォグが蒼白い光に統一されたので、地味に嬉しい(自己満足)。

 

 

ヘッドライトの取り外し方解説

これはカスタムというよりは、ポジションランプの交換時に手違いでヘッドライト内にバルブを落としたため発生した作業(落とさなければ、前述の通りポジションランプの交換は簡単作業です)。

とはいえ、ハイビームのバルブやウィンカーを交換するときも同じ手順なので、これもまとめに載せておく。

48Rも資金ができればハイビームのLED化はするかも。

ハイビームのLED化はパッシングがキレキレになるのが魅力的(これまた自己満)。

 

 

ハイビームのLED化

やっぱりやってしまった。

パッシングの閃光がすさまじく、狙い通り前走車がすぐに気が付いてくれるようになった。

ハイビームのLED化 〜ハイエース200系DIYカスタムキレキレのパッシング〜

どうも、電球交換にハマりまくっている48Rです。 今回は「ハイエース顔面蒼白化計画」の最終仕上げのハイビームのLED化を実行。 これでついにヘッドライト、ポジションランプ、フォグランプ、ハイビーム全て ...

費用8640円。

ハイビーム常時点灯での走行は、ややLEDの配光のムラが気になるところ。

とはいえ、8000ルーメンの光量で純正よりは明るいし、なによりパッシング性能アップが目的なので満足している。

 

 

ヘッドライトの光軸調整

ハイビームのLED化の際、光軸が狂ってしまったので、自分で調整した。

【ハイエース200系】素人でもできるカンタン光軸調整方法 〜ユーザー車検にも〜

先日、ハイビームをLED化した時に、なんと光軸がずれてしまった。 光軸調整なんてやったことないので、しばらくズレたまま走っていたのだが、ハイエースの明るいLEDヘッドライトが上を向くと、想像以上に他車 ...

長いドライバーがあれば、楽勝作業。

ディーラーで光軸調整するなんて、ちょっと勿体無いかも。

 

 

 

ブレーキ/テールランプのLED化

ブレーキ踏んだときの瞬間的な点灯と、テールランプ点灯時の省電力化ねらいで交換。

10分作業でブレーキ/テールランプのLED化 〜ハイエース200系DIYカスタム〜 

なんだか2017年になって、どんどんハイエースのLED化を進める48Riderです。 今回はブレーキ/テールランプをLED化してみた。 テールランプは夜間は常時点灯のため、LED化で消費電力を抑えるこ ...

費用7980円

ちょっと高いLED球だが、明るく視認性の良い光で満足です。

 

 

バックライトのハロゲンバルブ化

バックランプの普通電球は暗いので、明るいハロゲンバルブに交換。

LEDにしなかったのは、明るさならハロゲンバルブが上なのと、LEDのメリットの省電力化や超寿命は点灯時間の短いバックランプには効果が薄いから。

明るいバックランプを!敢えて非LEDな高効率ハロゲン化 〜ハイエース200系カスタム〜

夜間のバック時の視界を良くしたいので、バックランプを純正の白熱電球から明るさ150%のcatzのバックランプ専用ハロゲン電球に交換した。 結果、以前から気になってたバック時の視界が良くなり大満足!少々 ...

費用6000円。

ハロゲン電球二つで6000円はちょっと高いが、バックランプが明るいとやはり夜間は楽です。

 

 

室内灯、ナンバー灯のLED化

純正の室内灯は暗いので、新車で購入して速攻で室内灯は交換した。

十分な光量で、車中泊が快適になります。

簡単DIY 3990円!ハイエース200系ルームランプ高輝度LED(SMD)化9点セットで快適車中泊

ハイエース専用のLEDルームランプセットを取り付け。激安品だが純正電球と比べ、かなり明るくなり大満足。LED化で消費電力も減るので、エンジン停止時の点灯も安心。

費用3990円(今は同じキットが4580円になってました)

ハイエース用に全ての室内灯とナンバー灯がセットになっているので、いちいち買い揃える必要がなく便利です。

 

 

まとめ

まとめ記事のカスタムを全てやって、総費用は35610円。

やはり光量があると視認性、安全性が上がるので、非常に満足感が高いです。

ハイエースのカスタムでも、灯火類系のカスタムは基本バルブ交換のみ。オーディオ変更やベッドの自作のようなDIYカスタムに比べると遥かに簡単作業。

効果も感じやすいので、初めてのDIYカスタムにも、灯火類系はオススメです!

 

 

 

他にも「ハイエース」タグで色々書いてます。よろしければそちらもどうぞ。

 






data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"
data-matched-content-rows-num="3"
data-matched-content-columns-num="3"

-
-

Copyright© 48rider.com , 2018 All Rights Reserved.