JB74ジムニーシエラ ジムニー

【繰り返し使える】K&Nエアフィルターの洗浄方法【JB64/74ジムニーメンテナンス】

ジムニーのお手軽吸気チューニングとして、純正より高い吸気効率のエアフィルターが人気だ。

48Rも純正交換型の高効率フィルターでは1番人気のK&Nエアフィルターを使っており、純正より元気の良い走りに満足している。

吸気効率アップ!JB74ジムニーにK&Nエアフィルターを取付ける【簡単2分作業】

2分で交換できて、思った以上に効果のあったK&Nエアフィルター! 吸気抵抗を減らすことで、ジムニーシエラの高回転でダラダラ回るエンジン特性が改善され、気持ちの良い吹け上がりに。 お手軽に吸気チ ...

続きを見る

今回、エアフィルターを交換してから1.5万キロほど走ったので、エアフィルターの状態確認とクリーニングをしてみた。

K&Nのエアフィルターは汚れても専用メンテナンスキットで簡単に新品同様の状態にすることができる。

さらにクリーニングすることで半永久的に使えるので、意外と経済的な社外フィルターです。

 

 

K&N メンテナンスキットを買おう

K&Nのエアフィルター洗浄には、専用の洗浄剤とフィルターオイルがセットになったメンテナンスキットが必要だ。

K&Nのエアフィルターはコットンにフィルターオイルを染み込ませた湿式フィルターなので、汚れを落とすだけでなく、専用のフィルターオイルも必要なのだ(代理品だと性能がでないと思う)。

 

 

 

1.5万キロ走ったK&Nフィルターの状態

まずはボンネットを開けて、エアクリーナーの確認。

余談だか、エンジンフードリフター(ボンネットダンパー)を取り付けておくと、半自動でボンネットを開けられてつっかえ棒も不要なので、とても便利。

自動で開く!JB64/74ジムニーにエンジンフードリフター取り付ける 【TRUST】【ボンネットダンパー】

エンジンフード(ボンネット)の開閉を自動でオープンロックできるTRUSTエンジンフードリフターを取り付けた。 48Rは自分で整備やパーツを取り付けもするので、けっこうエンジンフードを開ける機会が多く、 ...

続きを見る

 

下の画像黄丸のクリップを外すだけでエアクリーナーボックスを開けることができる。

 

ご開帳。

エアクリーナーボックスは下から上へ空気が流れている。ボックスを開けて最初に見えるエンジン側はそれほど汚れてない。

 

ひっくり返して吸気側から見てみると、結構汚れてる!

フィルターが黒くなってるし、小さなゴミや虫もついている。せっかくメンテナンスするのに汚れてないと洗い甲斐がないので、ある意味安心した(笑)

1.5万kmでもそこそこ汚れるし、2万キロを目安に洗浄しても良いかもしれない。

ちなみに、知り合いはK&Nエアフィルター8万キロまで引っ張ったそうだが、フィルターが真っ黒になってて専用クリーナーでも汚れ落としに難儀したとか。メンテナンスキットの容量からして個人なら一生分くらいあるので、メンテナンスサイクルはマメにしたほうが良さそうだ。

 

K&N エアフィルターの洗浄方法

メンテナンスキットがあれば作業は簡単だが、フィルターの乾燥に1日かかるので、車を丸一日使わない日に作業することをオススメする(夏ならもっと乾燥早いと思うが)

 

手順①ブラシで小さなゴミを落とす

専用クリーナーを使う前に、小さなゴミや虫はブラシでサッと落としておく。

 

手順②専用クリーナーを吹き付けて15分ほど放置する

専用クリーナーをフィルターの表裏に吹き付けて、15分ほど放置する。

 

 

手順③水で洗い流す

専用クリーナーが汚れを浮かせてくれるので、水道水で汚れを流してく。

この時、水はエンジン側から流すこと(空気の流れとは反対)。吸気側から流すと、汚れをコットンに押し込んでしまうからだ。

 

流しを見ると、汚れとオイルが一緒に流されていくのがみえる。

 

一通り汚れを流し切ったら、K&Nの特徴的な赤みがかったフィルターが真っ白に!

あの色、フィルターオイルの色だったのね。洗濯物みたいに白くなって気持ち良い(笑)

 

脱水はできないので、少しでも早く乾くようフィルターを振って水切りして、さらにペーパータオルで水分を拭き取っていく。

 

 

手順④フィルター乾燥後、フィルターオイルを吹く

作業した日はジメジメした日だったので、念の為24時間ほど乾燥させた。

 

フィルターオイルはスプレーになっている。

 

オイルが飛び散るので、野外での作業推奨(新聞紙などで養生しておくと、その後の掃除が楽でベター。48Rはし忘れたので、最後に掃除するハメに)

スプレーなので、手を止めずヒダにそってオイルを吹いていく。

まるで新品に戻ったかのような状態。作業しがいがあるってもの。

 

フィルター部以外のオイルは汚れの元になるので、拭いておこう。

 

最後にエアクリーナーボックスにフィルターを戻して作業完了だ。

 

 

 

インプレとまとめ

洗浄効果は?

実際のところ、1.5万キロ程度では見た目は少し黒くなっているが、吸気効率自体は落ちてなかったようで、洗浄前後で性能変化は感じなかった(純正フィルターからK&Nフィルターに変更したときはオッって思ったのだが)

まあ、性能が落ちてから洗浄するようでは遅いので、先に書いたように2万キロ前後で洗浄していくと新品時と変わらない性能をずっと維持できそうだ。

 

また、洗浄についてはメンテナンスキットさえあればとても簡単で、乾燥に時間がかかる点を除いて簡単に新品状態に戻すことができる。

K&Nのエアフィルターは吸気効率向上による性能アップが見込める上、洗浄することで半永久的に使えるオススメエアフィルターです。

 

 

他にも「JB74ジムニーシエラ」タグで色々ジムニー 記事書いてます。よろしければ、そちらの記事もどうぞ。









-JB74ジムニーシエラ, ジムニー
-, , ,