スプリットボード自作

スプリットボード作成② 防水処理

投稿日:2011年10月20日 更新日:

本日はカット面の防水処理なり。

昨日仕上げたカット面に低粘度のエポキシを毛筆でぬりぬり。コアに浸透させますクランプで挟むとボードが立てられるので作業が楽ちん

低粘度なんで、木材に染み込んで防水層を作ってくれるはず。
今回の防水処理はこれのみ。簡単お手軽ですよ。

この処理でどのくらい耐久性があるのか、人柱ということで。
これで防水OKならスプリットボード自作もだいぶ楽なんだけどね。

シーズン中に途中経過でもレポりますわ。気が向いたらだけど。あんま期待しないで待ってて。

ハニカム構造もエポキシで埋めちゃいます。

あとは乾燥〜

完全硬化には一週間だって。

週末、時間あればインビス加工します。

 

 

自作スプリットボードのまとめ記事書きました。

猿でも作れる自作スプリットボード 〜 Which Even Monkies Can Make〜

スプリットボードを3台自作した48R流作成方法のご紹介。 48R流は、失敗が許されず一番難度が高くて面倒な板のカットを外注することと、打ち込み簡単なインビスキットを使うことで、日曜大工より簡単レベルで ...

続きを見る

よろしければ、こちらもどうぞ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-スプリットボード自作
-

Copyright© 48rider.com , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.